ものづくりニュース by aperza

女性の働き方について改めて考える

女性の働き方について改めて考える

「曽野綾子さんの記事が話題になっていますね」と言われて、かなり遅れてであるがネットで検索してみた。

週刊現代の「何でも会社のせいにする甘ったれた女子社員たちへ」という寄稿の中の、特に「出産したらお辞めなさい」の部分が議論になっている。

色々な方々の意見も読むことができて、話題になっていることの全体像は掴めたように思う。

 

ふと、45年前のことを思い出した。当時私は20歳の大学生。

大学進学率が低い時代の、幸いにも4年制大学に進学できたごくごくわずかな女性層の一員であった。

私を含めた女性たちは、大学を出たら社会に出て働く、ということに対しては意欲的だったが、自分の家族(特に父親)を含む世の中の風当たりは強く、誰もが不安を感じていた。

 

そんなとき、社会で活躍する先輩女性の体験を聞かせてもらえる集まりがあると知り、期待を胸に参加した。

当時のエリート女性といえば、上級公務員試験に合格して官僚になった方々、司法試験に合格して検事や弁護士になった方々、大学教授として研究や教育に力を尽くしている方々、といったメンバーである。

年代的に言えば、30代の後半から40代といったところだろうか。そう、曽野綾子さんと同世代である。

 

最初に話された方は、開口一番、「仕事を続けたいなら結婚してはいけません。女性はある年齢になるとさかりのついたように結婚したがりますが、そこをぐっとがまんすべきです」と言われた。

理系の代表として出てこられた大学教授は、結婚して子育てをしながら研究を続けた経験を、それがどんなに大変だったか、涙ながらに語られた。

私は、それ以上話を聞く気にならなかった。

 

「おかしい、何かが間違っている」

 

それが、私の最初に感じたことである。

どうして、結婚をして仕事をしてはいけないのか。男の人は普通にやっていることではないか。苦労されたことは良く分かるが、だからあなたたちも苦労せよ、と言うのか。

女性だって、男性と同じように、仕事もして、家庭も持って、子供を育てていくような世の中にしていくべきなのではないか。

 

私たち団塊の世代は、「戦争を知らない、苦労していない」とその上の世代から言われ、「世の中を悪くしたのはあんたたちだ」と下の世代から言われている。

しかし、私はちょっと違うと思っている。

 

先輩たちの苦労を自分たちもするのでは進歩がない。わがままかもしれないが、こうなりたいと思うものに向かって自己主張し、世の中を変えていこうとしてきたのである。

ただし、こうなりたい、は自分自身にのみ向けられるものではなく、広く世の中全体に向けられるべきであり、権利のみを主張して周囲への配慮を怠ることはまずい、ということは当然である。

 

仕事、社会貢献などの外に向かう行動と、結婚、子育てといった内に向かう行動のどちらか一方を取る、というのは本来おかしい。

両方を追求するのが自然な行為なのだ。

当たり前のことを自然にできる世の中にしたいものだ。


1948年東京生まれ 石田厚子技術士事務所代表 東京電機大学情報環境学部特別専任教授 技術士(情報工学部門) 工学博士 ◎東京大学理学部数学科卒業後、日立製作所入社。コンパイラ作成のための治工具の開発からキャリアを始める。 5年後に日立を退職し、その後14年間に5回の転職を繰り返しながら、SEなどの経験を通じてITのスキルを身に着ける。その間、33歳で技術士(情報工学部門)取得  ◎1991年、ソフトウエア開発の生産性向上技術の必要性を訴えて日立製作所に経験者採用。生産技術の開発者、コンサルタントとして国内外にサービスを提供  ◎1999年 企画部門に異動し、ビジネス企画、経営品質、人材育成を担当。57歳で「高い顧客満足を得る商品開発への影響要因とその制御」論文で工学博士取得  ◎2007〜13年、日立コンサルティングでコンサルタント育成に従事。「技術者の市場価値を高める」ことを目的とした研修を社外に実施  ◎2013年 65歳で日立コンサルティングを定年退職し、石田厚子技術士事務所を開業。技術者の市場価値を高めるためのコンサルティングと研修を実施  ◎2014年 東京電機大学情報環境学部の特別専任教授に就任