ものづくりニュース by aperza

太陽光発電所のさまざまな故障を1台で検出、故障位置も示す検査装置 (三...

太陽光発電所のさまざまな故障を1台で検出、故障位置も示す検査装置 (三島一孝,[スマートジャパン])

 2017年4月に施行される「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法等の一部を改正する法律」(通称:改正FIT法)によって、太陽光発電システムなどの点検・保守体制の義務化が進むことに加え、発電量の維持の義務化や安全性法令順守などが求められている(関連記事)。これらの背景から、システムの長期安定稼働や安全性は重要視され、そのためには、点検・保守業務の効率化やコスト削減、火災・感電などのリスクの最小限化が必要となる。

 今回、新栄電子計測器とオムロンが開発したのは、これらの需要に対応したものだ。国内で初めて太陽光発電の点検・保守市場で使われている計測器の4つの機能を1台に集約したPV用直流安全検査装置「DC Fault Tester」(以下、DCFT)である(図1)。



図1 新栄電子計測器とオムロンが開発したPV用直流安全検査装置「DC Fault Tester」 出典:オムロン

 DCFTは、太陽光発電の点検を行う上で、これまで複数必要であった機器を集約することにより、作業者の作業効率の向上と安全性の確保する機器である。

 オムロン独自のセンシング技術「AISET」(Active Inspection SEnsing Technology)を搭載し、これにより、従来のように太陽光パネルを1枚単位で計測しなくても、故障位置の特定を実現できる。太陽光パネルの故障特徴に合わせたセンシング技術のため、計測器の小型・ローコスト化を実現した点なども特徴である(図2)。



図2 「AISET」による故障位置測定技術の様子出典:オムロン


スマートジャパン」は、日本各地の企業・自治体にとって喫緊の課題である電力の有効活用と安定確保に向け、節電・蓄電・発電のための製品検討や導入に役立つ情報を提供します。企業や自治体の総務部、システム部、店舗運営者、小規模工場経営者などの方々に向けて、電力管理や省電力化を実現する製品情報、導入事例、関連ニュースをお届けするほか、製品カタログや利用ガイドなども掲載していく予定です。 http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/