ものづくりニュース by aperza

変化の時代にすること【2】

変化の時代にすること【2】

昨年の11月に(号外)で「変化の時代にすること」という文章を書きました。

当時のアメリカ合衆国次期大統領に大方の予想を裏切ってドナルド・トランプ氏が選出されたからです。

その前に英国のEU離脱決定もあり、これからの時代は大方の予想を裏切るようなことが普通に起きる時代になったと申し上げました。

 

そして先日1月20日にトランプ氏は正式に合衆国大統領に就任されました。

もうすでにいろいろな変化が起き始めていますから、これからもたくさんの驚きを伴う変化が起き始めます。

そこで私たちの取るべきスタンスですが、私たちの変化のスピードを上げましょう!

 

まずどこから?

今、工場の現場に存在するムダを全部取るところから!

どうやって?

 

次回から、KZ法という改善手法をお伝えします。

それをみんなでやりましょう。

KZ法って何?

 

Zは全社、Kは改善の頭文字。

みんなが現場でワイワイやることで全社的な改善を実行する楽しい方法です。

一緒にやりましょう! Change!!

screencapture-kakiuchikaizen-archives-179-1490751496224のコピー

◎現場改善No.1コンサルタント。大手自動車メーカーにて、一貫して生産効率改善(IE)を担当し、その改善手腕を見込まれて、社命にてスタンフォード大学大学院に留学。帰国後、若くしてIE責任者として、全国の主力工場を指導、抜群の成績をあげる。 ◎現在、 柿内幸夫技術士事務所の所長 として、自動車、家電、食品、IT関連メーカーなどを指導。「現場で、全社員が一緒に改善する実勢指導」という独自のノウハウで、社長・工場長はもとより、現場の人たちから絶大な信頼をよせられる。中小企業のドロ臭さと、最新鋭の工場ラインの双方を熟知した手腕に、国内だけでなく欧米、中国、アジアの工場の指導に東奔西走する毎日である。 ◎1951年東京生まれ。東京工業大学工学部経営工学科卒業、スタンフォード大学修士課程修了、慶応大学にて工学博士号取得。 ◎著書「最強のモノづくり」(御沓佳美 共著)「“KZ法”工場改善」「儲かるメーカー 改善の急所〈101項〉」、「5Sでつくる高収益工場ビデオ」「図解でわかる生産の実務 現場改善」「現場改善入門」「現場の問題解決マニュアル」他多数。平成16年日本経営工学会経営システム賞受賞。工学博士、技術士(経営工学)。