ものづくりニュース by aperza

地球外で使用されるイメージ・センサ

地球外で使用されるイメージ・センサ

今やいたるところでイメージング技術が採用されているように思えます。

当初はハンドヘルド機器やスマートフォンで使われていましたが、やがて自動車、医療機器、交通システム、ドローン、防犯設備、工業用検査システムなどの分野にまで爆発的に普及しました。

カリフォルニアのビーチで休暇中であろうと、ヨーロッパの工場で働いていようと、あるいはアジアで駐車場に入ろうとしていようと、今日の生活において周囲に何らかの種類のカメラが使われている可能性が非常に高いといえます。

 

そのカメラにオン・セミコンダクター製のイメージセンサが搭載されていても驚くべきことではありません。

現在、オン・セミコンダクターは、多様な解像度、ピクセルサイズ、出力速度、色設定、パッケージオプションを備えた1000種類以上のCCDおよびCMOSイメージ・センサ製品を提供しています。

高度なイメージセンサ技術と比類のない顧客サポートによって牽引されている当社のイメージセンサが、世界中において最も要求が厳しくかつ楽しいアプリケーションで使用されることも驚くにはあたりません。

 

しかし、これらのデバイスが地球外でも使用されていることはご存じないかもしれません。

オン・セミコンダクター製のイメージ・センサは今日、地球や月の軌道を周回する衛星だけでなく、他の惑星に送られる宇宙ミッションでも使用されています。

これらのイメージ・センサには、特定の任務やプロジェクト向けに特別に設計されているものもあり、多くは当社の標準カタログに掲載され市販されています。

 

同じイメージ・センサが地上の工業用アプリケーションでも使用されているわけです。

スクリーンショット 2017-04-04 13.53.51

今後、数週間および数ヶ月にわたり、このブログを使ってオン・セミコンダクター製イメージ・センサを搭載した宇宙ベース・ミッションをいくつか取り上げ、ミッション自体と使われているイメージ・センサの背景を紹介します。

ミッションの対象が火星、金星、または木星なので、これらのアプリケーションは地球外で動作します。

 

出典:『地球外で使用されるイメージ・センサ』オン・セミコンダクター


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。