在庫商品の転倒防止〈機械工具屋さんの3S活動奮闘記〉

在庫商品の転倒防止〈機械工具屋さんの3S活動奮闘記〉

(株)鬼柳の葛西です。

今日は在庫商品の転倒防止対策について書きたいと思います。

在庫商品の棚に誰でも分かるようにということで写真入りの商品名称を書いた表示を始めたことを記事にしたことがあったと思います。

 

社内からは「物の場所が分かり易くなった」という意見もあったり、とりあえずは成功かと思っていたのですが、前月の3S定例会で社外の方から「地震があった時の転倒防止はどうされるんですか?」という質問がありました。

転倒防止!?

確かに言われればそうだけど……あまり考えていなかったというか、想定すらしていない質問でした。

川端先生からも同様の指摘を受け、「100均とかで売っているトレーに入れておいたほうが良いのでは?」というアドバイスを受けたので、カイゼンを行ないました。

とりあえず倒れやすい缶スプレーを重点的に行ないました。

実は、このカイゼンを行なった2~3日後に震度5弱の地震があり倒れていないだろうかと思って出社してみると、全く倒れていないという奇跡が倉庫で起きていました。

必ずしもトレーのお陰ばかりでは無いとは思いますが、もしもトレーが無かった時の事を考えると皆さんが想像する通りだと思われます。

100均でトレーを買ってきた山□君のファインプレーですね。

 

自社内では気付かず常識だと思っていることを外部の方に指摘されたことで「カイゼン」をするというウォッチングの効果というか素晴らしさを改めて感じる一コマでした。

本当に指摘していただいた外部の方に感謝です。

 

出典:機械工具屋さんの3S活動奮闘記


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。