因幡電機、『チョコ停ウォッチャーⅡ』を発売 生産現場のトラブル原因究明

因幡電機、『チョコ停ウォッチャーⅡ』を発売 生産現場のトラブル原因究明

因幡電機産業株式会社は、生産現場などのトラブル原因究明に役立つトリガー入力&ファイルロック式レコーダー、『チョコ停ウォッチャーⅡ』の発売を開始した。設備などの接点信号を入力し、その信号をトリガーとし、トリガー前後の動画を記録する。

因幡電機、『チョコ停ウォッチャーⅡ』を発売 生産現場のトラブル原因究明

製品概要

『チョコ停ウォッチャーⅡ』は、2019年度に販売を終了した、初代『チョコ停ウォッチャー』の後継機種。従来品最大の特長である液晶搭載を継承、「手軽に設置」「その場で再生」をキーワードに、

  • 電源断による不良セクタ生成防止機能
  • 128GBの大容量SDカード対応による長時間録画
  • SDカードの負荷を軽減する「トリガーオンリーモード」搭載

など、ユーザーからの要望が多かった機能を追加した。

エラー前後の記録のみ録画

設備などのトラブル時における原因究明には、その問題が起こる以前の情報が非常に重要な手がかりとなる。本製品は、通常のビデオカメラ等では実現が難しかった「常時監視を行い、信号受付時にその前後動画のみを保護して保存する」ことができる。


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。