ものづくりニュース by aperza

厚生労働省、中小企業向けに業務改善に助成金交付

厚生労働省、中小企業向けに業務改善に助成金交付

日本の製造業にとって生産性向上は危急的速やかに解決しなければならない大きな課題。とは言え、それを実行するにもお金がかかる。そんな資金的な余裕はない。
という中小企業の方に向け、厚生労働省から業務改善に関する補助金が出るそうです。

厚生労働省、中小企業の生産性向上を支援!業務改善助成金のお知らせ
業務改善助成金は、 中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、 事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引上げを図るための制度です。 生産性向上のための設備投資(機械設備、 POSシステム等の導入)などを行い、 事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合、 その設備投資などにかかった費用の一部を助成します。

■支給対象者は
事業場内最低賃金 800 円未満から、1,000 円未満で、
全国47都道府県に事業場を設置している中小企業・小規模事業者
※過去に業務改善助成金を受給したことのある事業場でOK

■対象用途は
生産性向上のための設備・機器、サービスの利用も可

例えば、
・POSレジシステム導入による在庫管理の短縮
・リフト付き特殊車両の導入による送迎時間の短縮
・インターネット受発注機能があるホームページの作成による業務の効率化
・顧客・在庫・帳票管理システムの導入による業務の効率化

に加え、下記のようなサービス利用も今回からOKになりました
・専門家による業務フロー見直しによる顧客回転率の向上
・人材育成・教育訓練による業務の効率化

詳しくは、
厚生労働省業務改善助成金特設サイト
厚生労働省ホームページ


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ