ものづくりニュース by aperza

厚み29mmの組み込み用コンピュータを発売、各種海外安全規格に対応 (...

2016/11/1 IT media

厚み29mmの組み込み用コンピュータを発売、各種海外安全規格に対応 ([MONOist])

 コンテックは2016年9月20日、放熱スリット/CPUファンをなくした組み込み用コンピュータ「ボックスコンピュータ BX-956S」を発売した。VCCI/FCC/CEの安全規格に加え、欧米向けのUL認証を取得し、海外展開にも対応する。価格はオープン。

 BX-956Sは、ストレージにCFastカードを採用したスピンドルレス設計により、ほこりや異物の侵入を抑え、保守点検業務を軽減できる。筐体は厚み29mmと薄型で、CFastカードスロットのほか、DVI-I、1000BASE-T、USB3.0、USB2.0、シリアル(RS-232C)、DIOなどの拡張インタフェースを搭載。製造・検査装置への組み込みをはじめ、デジタルサイネージ、セキュリティ、遠隔監視システムなど、さまざまな分野でIoTエッジコントローラーとして利用できる。

 プラットフォームには、インテル Atomプロセッサ E3845を採用した。組み込みOS「Windows Embedded Standard 7」を搭載し、日本語/英語/中国語/韓国語の4言語に対応する。また、リモート電源管理機能により、ネットワーク経由で外部からのシステムアップ(Wake On LAN)や、モデム受信によるシステムアップ(Power On by Ring)も可能にした。

 さらに、10.8〜31.2VDCのワイドレンジ電源に対応。オプションのACアダプターを使用すれば、100〜240VACの電源環境でも使用できる。



ボックスコンピュータ BX-956S

FAメルマガ 登録募集中!



FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/