ものづくりニュース by aperza

効かすところと逃がすところ

効かすところと逃がすところ

今回は効かすところと逃がすところということで、言い換えれば、当てるところと当てないところとなります。

上の写真が、私の作った汎用フライス盤のレベーリング部の図面です。

φ100のレベーリングプレートにM16のレベーリングボルトがのります。

 

1.φ100の床に接地する端面(左)はφ50よりヌスンでます。

2.レベールングボルトの先と当たる部分は、図面では両方R12.5ですが実際加工するときは、ボルトのRを少し大きくします。

3.2部のφ17に対してφ14とボルト側を少し小さくします。

 

1から3は全てより安定させるための工夫です。なんてことないようですが、かなり違ってきます。

機械の構造は少しの工夫が大きく影響する場合もありますので面白いところです。

私が作ったスピーカースタンドも同じようにしました。

自分で図面を書いて、自分で加工し、自分で組み立てますので、書く時は適当に手っ取り早く書きます。

実際加工するときは、R12.5はだいたいでよく、要はボルト側が少し大きいRであればOKです。

φ17やφ14も同じく寸法はだいたいでよくて、要はプレート側が少し大きければOKです(念のためボルトは、ねじ底よりは少しマイナスが無難です)。

 

深さも計算上3.3mmや2.1mmとなりますが、参考程度で問題ありません。

もちろんプレートのR12.5の中心とφ50の中心は、センターギリなどで少しヌスムと加工しやすいのでそれでOKです。

φ50深さ3mmの部分もだいたいの寸法でよく、角は剣バイトのRそのままでも問題ありません。

 

少し付け加えますと、深さ3mmの部分は極端な話、2mmでも

OKですが、強度面を考えるとプラス側は避けたほうが無難です。3.5mmとかはNGです。

このように、どこに使われる部品かを頭に入れて加工すると、かなり加工時間の短縮になります。ただし、プレートとボルトを別のところで加工する場合や互換性が必要な場合は注意が必要な箇所もあります。

 

簡単な、機械の構造的な工夫とポイントを押さえた加工でした。

 

~基本を大切にした技術伝承~汎用旋盤職人養成


1963年大阪生まれ。西尾鉄工所代表。旋盤師、伝統技術継承者◎祖父の代から80年続く大阪八尾市の町工場の三代目。「職人道」を極めた先代のもとで、13才から弟子入りし、昔ながらの職人技を叩き込まれ、家業を一人前にこなした。工業高校卒業後、中堅工作機械メーカーに就職。工作機械(機械部品を産み出す母なる機械。マザーマシンとも呼ばれる)の構造を隈なく学び、23才で独立。最先端コンピュータで制御された「NC旋盤」に対し、職人の「技」と「勘」が頼りの「汎用旋盤」(職人の手で動かす旋盤)をこよなく愛し、現在に至るまで、その加工にこだわり続けてきた。数少ない伝統技術継承者の一人。◎若い世代の人材不足、技術伝承に危機感を持ち、2016年「汎用旋盤職人養成講座」をスタート。教材用に独自開発した「汎用フライス盤」は、設計、加工、組立・調整をすべてひとりでやり遂げ、自身の総合技術力の賜物となった。最近、営業下手な職人の殻を破り、SNSを駆使して「基礎の手技」の重要性を次世代へと訴える。また、異業種の職人を対象に、「いぶし銀の会」を立ち上げ、オリジナル製品の企画、開発など「未来の職人像」を探っている。コンピューター依存が加速する製造業の未来を受け入れつつも、「機械の前に人間ありき」と、代々受け継がれてきた職人の技と精神性の伝承に力を注いでいる。◎2014年「八尾市ものづくり達人懸賞」受賞、2015年日刊工業新聞「マイスターに聞く」掲載、「なにわの名工」受賞◎西尾鉄工所ホームページhttps://nishio-tekkousho.jimdo.com/ 西尾鉄工所技術伝承 https://nishio-tekkousyo.jimdo.com/