ものづくりニュース by aperza

分解能と読取率の関係

分解能と読取率の関係

分解能の高いスキャナに変えたが、読取率が良くなるどころか、かえって悪くなったと言う話を聞く。

これは、分解能と読取率の関係を良く理解していないことによる。

そこで、次にバーコードリーダの分解能と読取率の関係について説明する。

 

分解能とは、バーコードスキャナが認識できる最小のバーまたはスペースの幅である。

もう少し定量的に言うと、細いバーまたはスペースの出力信号のレベルと太いバーまたはスペースの出力信号のレベルがほぼ等しくなる時のアパーチャ(開口径)の大きさである。

例えば、図aでは、アパーチャサイズが、細いバーまたはスペースの幅とほぼ同じになっている。

 

このときのバーコードスキャナの出力波形は、細いバーまたはスペースの信号レベルと太いバーまたはスペースの信号レベルが同じになっている。

このような信号が得られるための最小のアパーチャサイズが、分解能である。

しかし、実際のバーコードリーダでは、必ずしもこのような波形でなくても読み取りできる。

 

具体的には、細いバーまたはスペースの信号レベルが太いバーまたはスペースの信号レベルの50~70%で十分読み取れるようになっている。

したがって、分解能は、読み取ることができる限界のアパーチャサイズと言っても良い。

スクリーンショット 2017-01-16 15.53.32

さて、図bのようにアパーチャサイズが細いバーやスペースに比べ非常に大きい場合、つまり分解能が低い場合は、どうなるだろうか。

図のように細いバーやスペースの信号は小さくなってしまい、当然読み取りが難しくなる。

したがって、バーコードスキャナの分解能は、ある程度高くなければならないのは当然である。

 

しかし、図cのようにアパーチャサイズが細いバーやスペースに比べ小さ過ぎる場合、つまり分解能が高過ぎる場合は、どうなるであろうか。

ここでは、バーの中にあるボイド(傷)やスペースの中にあるスポット(汚れ)を検知し、スペースやバーとして信号を出力してしまうことになる。

したがって、この場合、読取不能になるか、誤読になる。

 

また、分解能が高過ぎると、バーのエッジの影響を強く受けることになり、バーの幅が大きく変化することになる。

特にドットインパクトプリンタによるバーコードシンボルでは、エッジは大きくギザギザになっているので、この影響は大きい。

提供:アイニックス株式会社


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。