ものづくりニュース by aperza

作り放しの限度見本、見事な見直し!

作り放しの限度見本、見事な見直し!

ある会社の主催で「外観目視検査」に関するセミナーの講師をやってきました。精度を上げるための方法などを話してきました。当然その中には限度見本に関する話も含まれています。

以前関係していた会社でも外観は顧客から厳しく要求されていて、全数外観検査を実施していた。その多くは性能や機能にはあまり影響のないところではあるが、最終ユーザーの目に直接触れるものであるので疎かにはできないところであった。

外観の検査にあたっては、その判断基準を示した限度見本が作られていた。最初にその見本を見た時に感じたのは、「見ずらい、作り直さないとダメだ」ということであった。

 

問題点としてあったのは、

 

①いつ作成したものかわからない(かなり時間が経っていることは分かった)
②作成後にメンテナンスが行われた形跡がない(だいぶ汚れたものもあった)
③どこが不良または良品を示しているのかが明示されてなくパッと見ただけではわからない
④不良項目は多くあるがランダムに並べてあり項目別等になっていないなどがあった

 

これに対して、上記問題点への対応を示し作り直すように依頼した。

今日のポイント

外観検査の場合、検査基準をビジュアル化することが大事だ。検査基準が文字の羅列では検査員は理解するのはかなり難しい。見本や写真、図など視覚的なアシストを加えると検査員の理解が促進され、不良の検出率が高まるのは事実だ。

そんなの当たり前だろと思われている方が大半でしょうが、検査基準がビジュアル化されていない会社は意外と多いのが実態だ。

作り直しの依頼をしてから1ヶ月後にその会社に行って状況を確認した。実は作り直しに関してはあまり期待していなかった。手は付けているだろうけれど、再度の作り直しを指示しなければならないと予想していた。

 

ところが実際に作り直した限度見本を見ると、こちらの指示した内容がほぼ網羅されており、見事な見本となっていた。これはうれしい予想外であった。

もちろん、細かいところでは修正や追記が必要なところはあったが、全体から見れば大きな問題ではない。

品管の責任者に見本の管理を指示・依頼したのだが、立派に責任を果たして各現場の担当者に指示をしてくれたようだ。

補足

その見本を作りなおした時期からその会社のスタッフの動きが早くなったような気がした。

もう一つきちんと出来た要因を推察すると、ISOの外部審査がほぼ同時期にあったので、それに間に合わせるためとも考えられなくもない。それでも結果が伴っていればよしと考えることにした。

出典:中国工場での品質管理・品質改善


KPIマネジメント代表・チーフコンサルタント◎電機系メーカーにて技術部門、資材部門を経て香港・中国に駐在。現地においては、購入部材の品質管理責任者として購入部材仕入先品質指導及び品質改善指導。延べ100社に及ぶ仕入先工場の品質改善指導に奔走 ◎東京都/千葉県商工会連合会専門エキスパート(品質管理、製造業指導) GCS認定コーチ◎日本生産性本部経営アカデミー講師 名古屋外国語大学非常勤講師 セミナー/企業研修講師多数◎中国工場コンサルティング実績 日系中国工場品質改善及び管理体制の見直し(広東省)、中国企業品質管理体制の構築(福建省1社)、中国企業労務人事管理監査対応指導(パートナーコンサルタントと共同で実施:広東省1社)、米国D社の労務人事監査指摘事項への対応を指導、中国工場品質管理体制の構築(広東、大連など2社)、中国工場運営管理支援(広東1社)、外観検査の精度向上指導(広東1社)、中国生産委託先工場監査代行(広東1社) 国内工場管理の見直し及び製品コストダウン、外灯製造会社の5S指導、金属加工会社の品質管理・改善、生産性向上指導(1社)、金属加工会社の組織再構築、経営改革指導(1社)、板金塗装会社の5S指導(1社)、環境関連企業の新工場立ち上げ支援(1社)◎製造業向け社員研修実績 中国人管理者教育(広東、大連、厦門など3社)、コーチング研修(2社)、来日した中国企業スタッフ研修、中国赴任前研修(パソナ様)、若手社員向け中国工場の問題点と対処法(和歌山県工業技術センター様)、中国工場品質管理講座&異文化コミュニケーション(富士通テレコムネットワークス様)、仕入先様品質管理勉強会 テーマ:中国工場での品質管理の進め方(株式会社オートバックスセブン様)、中国への生産委託に伴う工程/品質管理のポイント(N社様、I社様) ◎著書 こうすれば失敗しない!中国工場の品質改善<虎の巻>(日刊工業新聞社)、雑誌「標準化と品質管理」2012年8月号特集記事執筆(日本規格協会)、外観検査の不良見逃し・ばらつき低減(技術情報協会・共同執筆)、通信教育講座「外観目視検査の進め方と留意点」担当講師(テキスト執筆、添削指導) ◎KPIマネジメント http://www.prestoimprove.com/index.html ブログ「中国工場での品質管理・品質改善」https://ameblo.jp/prestoimprove/