ものづくりニュース by aperza

中村修二氏が大学生に伝える「5年間海外に住んで、日本を外から見てほしい...

中村修二氏が大学生に伝える「5年間海外に住んで、日本を外から見てほしい」 (庄司智昭,[EE Times Japan])

日本は“発明”するだけ

 大学生は海外に5年間住んで、日本を外から見てほしい――

 三族窒化物材料を用いた青と緑色の高輝度発光ダイオードを初めて開発し、2014年にノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏(カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授)は2016年6月9日、工学院大学の学生向けに講演を行った。

 まず、中村氏は「大学生は海外に留学するべき」とする理由について、日本の経済成長に対する不安を挙げる。サラリーマンの給料は減り続け、大手電機メーカーを筆頭に大企業も苦しい。このままでは「日本の経済は崩壊する」と中村氏は指摘する。

 「日本は非常に真面目な国民で、納期などを必ず守る。モノづくりをさせたら世界一の装置を作ってくれる。しかし、良い発明や発見をしても、それを国内にしか売らない。半導体や家電製品、携帯端末、太陽電池は日本が最初に良いものを作ったのに、国内だけにしか売らなかった。だから、各国とのコスト競争に負けたのだ」(中村氏)

 なぜ国内だけに売るのか。それは、日本人が英語をしゃべれないからという。世界標準となっている英語がしゃべることができないのは、絶対的なハンディとしている。

 中村氏は「言葉は若いうちにしか覚えることができない。大学生くらいだったら5年くらいで身につけることができるだろう。海外に行く機会があったら、ぜひ積極的に手を挙げて英語を学んでほしい。その後、日本で働くのか、海外で働くのかはその人自身が決めればいい。大事なのは、それが日本のグローバリゼーションを助けるのにつながることだ。また、海外を経験したら日本の“良いところ”と”悪いところ”が見えてくる。それが非常に良い。皆さん自身の見える世界が変わってくる」と語る。

教育制度についても言及

 中村氏は、日本の教育制度の問題点についても言及する。日本をはじめとしたアジア各国では、有名大学に入学することが目的となっており、入学するにはクイズのように“決まった正解”だけが求められる。「社会で生きるすべを教えるのが教育だ」(中村氏)と指摘した。

 「米国の教育の目標は、“社会で生きるすべ”となっている。まず、小学校の低学年から、毎週プレゼンテーションの授業がある。私がプレゼンテーションをまともにやったのは、徳島大学の卒業論文発表のときだ(笑)。

 また、株の取引や金融、為替、アントレプレナーシップについても、小学校の頃からゲーム感覚で教育している。コンピュータの教育も盛んだ。だから、米国の大学生は知識として獲得しいるので、ベンチャーを始めることが多い。ビルゲイツやスティーブ・ジョブズなんかも大学を中退して起業した。日本人の大学生は一切教えてもらっていないから、ベンチャーの『ベ』の字も知らない。そういう意味で、日本は1番大事な“時代に合った社会で生きていくための教育”を一切やっていない」(中村氏)

 中村氏は最後に、「皆さんはこれから“社会で生きていくための教育”を受けていないと思って、大学にいる間に勉強を進めてほしい。あと、何度も言うように英語は大事。4〜5年海外に挑戦しなければ、日本の経済が崩壊してしまう」と語った。


エレクトロニクス技術を駆使した製品を設計・開発するエンジニアやマネージャー層を対象に、半導体・電子部品、ディスプレイ、ネットワーク、ソフトウエア、エネルギー、設計・解析ツールなどに関する技術情報や、業界の最新動向を提供するサイトです。特集記事に加え、各種技術解説やトップへのインタビュー、海外発のニュースなど、エレクトロニクス分野における最新かつ専門性の高い情報を発信します。 http://eetimes.jp/