中国大手企業の6S

中国大手企業の6S

中国でも「4S」とか「6S」とかいう表現をしていた。

「S」というのでおかしいなあと思ったらなんと日本語の「S」だった。

ここまで日本が見習われていることに身が引き締まる思いがする。

日本企業が4Sを怠っていたら笑われるぞ!

8d44911f-s
整理「SEIRI」

2c5d4f56-s
整頓「SEITON」

5e104339-s
清掃「SEISO」

6ee0a87f-s
清潔「SETKETSU」

a17a6a78-s
躾「SHITSUKE」

9e119bd3-s
安全「SAFETY」
*これは英語デス

b241acbc-s 00f90659-s

 

「改善」を英訳する時に困ったそうだ。

やはり「Improvement」が候補に挙がったが、米国人が「『改良する』ということで意味は近いのだが、どうしても『お金をかけて』という意味合いがある。

『改善』は『お金をかけないで知恵を出して改良する』という意味合いなので合致しない」ということで、英訳はあきらめ日本語のままで「kaizen」になったそうだ。


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。