ものづくりニュース by aperza

世界半導体市場、16年は縮小も17〜18年は成長へ――WSTSによる予...

世界半導体市場、16年は縮小も17〜18年は成長へ――WSTSによる予測 (庄司智昭,[EE Times Japan])

国内もマイナス成長

 世界半導体市場統計(WSTS:World Semiconductor Trade Statistics)は、2016年春季の半導体市場予測を発表した。同予測によると、2016年の半導体市場も2015年のマイナス成長に引き続き各地域で力強さに欠け、成長率は前年比2.4%減としている。

 2017年は前年比2.0%増、2018年は同2.2%増と予測。これにより、2015年から2018年までの年平均成長率は0.6%増となり、2018年の市場規模は3409億米ドルになるという(1米ドルに対する円の為替レートは、2016年以降は115.4円を前提としている)。

 日本市場でみると、2016年は円ベースで前年比6.3%減の約3兆5278億円になると予測している(ドルベースでは、同1.7%減)。2017年は前年比1.1%増の3兆5676億円、2018年は前年比1.7%増の3兆6298億円とした。これにより、2015年から2018年までの年平均成長率は1.2%減(円ベース)になると予測している。

地域別半導体市場規模実績と予測 (単位:億米ドル)
2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 15〜18年
CAGR
世界全体 2983 2995 2916 3056 3358 3351 3272 3337 3409 0.6%
アジア太平洋 1600 1640 1630 1744 1942 2018 1987 2031 2079 1.1%
米国 537 552 544 615 693 687 637 649 663 −1.2%
欧州 381 374 332 349 375 343 342 348 353 1.0%
日本 466 429 411 348 348 311 306 309 314 0.4%
円ベース
(百億円)
408 342 327 340 368 378 353 357 263 −1.2%
為替レート
(1米ドル)
87.7円 79.7円 79.7円 97.6円 105.7円 121.1円 115.4円 115.4円 115.4円

*)WSTSの地域別市場の定義:半導体メーカーの国籍や生産工場の場所には関係なく、「半導体製品が半導体メーカーから第三者に販売された地域」を意味する。「第三者」には、半導体ユーザーである電子機器メーカー、EMS、半導体を扱う商社などが含まれる。

メモリは前年比10.2%減

 2016年の製品別市場予測は、個別半導体が前年比0.5%減の187億米ドル、光デバイスは同1.8%増の339億米ドル、センサーは同7.6%増の95億米ドル、IC全体は同3.4%減の2651億米ドルと予測している。ICの内訳はメモリが前年比10.2%減、ロジックは同2.5%減、マイクロは同0.6%増、アナログは同1.0%増となっている。

製品別半導体市場規模実績と予測 (単位:億米ドル)
2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 15〜18年
CAGR
半導体全体 2983 2995 2916 3056 3358 3352 3272 3337 3409 0.6%
個別半導体 198 214 191 182 202 186 187 192 197 2.0%
光デバイス 217 231 262 276 299 333 339 355 368 3.4%
センサー 69 80 80 80 85 88 95 98 101 4.8%
IC 2499 2471 2382 2518 2773 2745 2651 2691 2743 0.0%
IC
内訳
アナログ 423 423 393 401 444 452 457 471 484 2.3%
マイクロ 606 652 602 587 621 613 616 623 633 1.1%
ロジック 774 788 817 859 916 908 885 887 897 −0.4%
メモリ 696 607 570 670 792 772 693 711 729 −1.9%

 2017年の製品別市場予測は、個別半導体が前年比2.7%増の192億米ドル、光デバイスは同4.9%増の355億米ドル、センサーは同3.7%増の98億米ドル、IC全体は1.5%増の2691億米ドル。ICの内訳は、メモリが前年比2.6%増、ロジックは同0.2%増、マイクロは同1.0%増、アナログは同3.1%増と予測している。

 WSTSは、世界の主要半導体メーカー48社が加盟する、半導体市場に関する世界的な統計機関。今回発表された予測は、2016年から2018年までの3年間について、加盟各社が作成した市場予測をもとに、半導体の製品別/地域別の予測がまとめられている。


エレクトロニクス技術を駆使した製品を設計・開発するエンジニアやマネージャー層を対象に、半導体・電子部品、ディスプレイ、ネットワーク、ソフトウエア、エネルギー、設計・解析ツールなどに関する技術情報や、業界の最新動向を提供するサイトです。特集記事に加え、各種技術解説やトップへのインタビュー、海外発のニュースなど、エレクトロニクス分野における最新かつ専門性の高い情報を発信します。 http://eetimes.jp/