ものづくりニュース by aperza

ロボット大賞受賞メッセージ MUJIN滝野CEO「優秀な人材を製造業に...

ロボット大賞受賞メッセージ MUJIN滝野CEO「優秀な人材を製造業に呼び込みたい」

DSC01732
 第7回ロボット大賞 経済産業大臣賞を受賞した株式会社MUJIN CEO滝野一征氏から、ロボット大賞受賞の喜びの声と、日本の製造業に向けたメッセージをいただきました。
 世界が注目する日本の産業用ロボットベンチャー企業は、どのような思いで事業に取り組み、これから何を目指していくのか。日本の製造業の復権にかける滝野氏の熱いメッセージをぜひ一読ください。

技術による価値創造を信じ、一貫して産業用ロボット分野に注力

 MUJINは創業当初から一貫して産業用ロボット分野にぶれずに注力してまいりました。なぜならロボットをより知能的に、より使いやすくするMUJINのティーチレス技術こそがロボットの活用範囲を広げ、市場の拡大、生産現場の生産性や品質の向上、ゆくゆくは日本はじめ先進国がかかえる少子高齢化という問題に対して、必ずや新しい価値を創造すると確信していたからです。

 この度賞を頂きましたMUJINコントローラピックワーカーもティーチレス技術によってロボットが自分で見て、動作を高速で考える事が出来るようになれたことで、実際に産業の中で膨大な割合をしめる単調なピッキング作業をロボットが担えるようになりました。その結果貴重な人資源をよりクリエイティブな仕事にまわし、全体の生産性を向上するという新しい価値を実際に生み出しはじめております。

「モノづくりの中心地・日本で技術革新を起こす」小さなガレージから2人で創業

 MUJINはご存知の通り世界のトップエンジニアだけで構成されるたった30人のベンチャー企業であります。カーネギーメロン、スタンフォード、MIT,パリ大学、東京大学、北京大学、清華大学その他10国籍の多国籍チームが生み出すその高い技術力と現場のプロによる現場力が融合した会社として今でこそ少しは人に知って頂ける存在にはなりましたが、ただわずか5年前はまだ何もなく、アメリカから単身日本にやってきたロセン博士に私が説得され、二人で文京区小石川のガレージを改装した44平米の場所でテーブル2つ、ラップトップ2つで事務所を開いたのが始まりでした。

 現実主義の私と根っからの技術者のロセン博士では、まったくバックグラウンド、考え方が違うため意見は全くかみ合わず、衝突は日常茶飯事、その上やっと作った商品が生産現場で役にたたなかったり、会社の資金が底をつきそうになったりと「このビジネスはやっぱりだめか」と客先からの帰りの車の中で二人意気消沈して何度も諦めそうになりました。

 しかしそのたびになんとか乗り越えてこれたのは、

このモノづくりの中心地・日本でロボット自動化による技術革新を起こす。自動化で人々の生活の質をよくする

という二人の決意、信念があったからだと思います。初志貫徹するという一貫性と不可能を一切認めないというタチの悪い頑固さを私はCTOのロセン博士から学びました。ここまでくるまでには相当色々ございましたが、当時こんなに大変だとわかっていればやらなかったかもしれません。ただ、今では素晴らしいチームメンバーと日本の太志ある企業の皆様と共に意義ある事に挑戦できる貴重な機会を頂いた事に大変感謝しております。

logistics1

製造業には命をかける価値がある。優秀な人材を製造業に再び呼び込みたい

 今回を含め、歴代の受賞者の多くは製造業、物流業、農業という日本が世界に誇る産業の中で活動しておりますが、悲しい事に俗に3Kとも言われるあまり若い方々が自ら進んで働きたくない産業でもあります。しかし製造業はGDPの大部分を占める国の主要産業であり、人の生活に直結する大変重要な我々若い世代が命をかける価値がある産業です。

 それを思う時、まさしく我々ロボット企業には二つの使命があると思います。

一つは当然、ロボット自動化技術の革新により世界中の生産性を向上させる事。

2つめは弊社が成功する事により、戦後の日本のように若い優秀な人材をこの素晴らしい製造業に再度呼び込む事です。

 今回の受賞も受賞者単体の話ではなく、この重いロボット産業でこれから戦おうとしているチャレンジャー企業、研究チームへの励みになるものと信じております。

良い人材とチャレンジ精神のあるパートナー企業、価値ある商品のサイクルを大河にしたい

 社会貢献の信念がある会社には世界から良い人材と技術が集まります。良い人材が集まればチャレンジ精神のあるパートナー企業様が集まり、その結果価値ある商品ができます。今日本にできつつあるこの良い流れを、より大きい大河にしていくため私達一同の取り組みはこれからも変わりません。それは技術革新により持続可能な事業を興し、その事業により社会に貢献する。

 これは今回の受賞者共々、皆様同じ気持ちで各事業に取り組まれているものと思います。だからこそ、従来は難しいと言われていた介護、農業、エンターテイメント、医療他分野にも見ての通りロボット実用化の兆しが芽吹いております。私達一同は今回の栄誉を励みとし、これからもなお一層の研鑽を重ね、人々の生活の質向上のため、それぞれの活動に引き続き邁進してまいりたいと存じます。

参考:MUJINホームページ


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ