ものづくりニュース by aperza

ライフケア分野で産学連携、IoT/行動センシング技術を活用した実験を開...

2016/11/1 IT media

ライフケア分野で産学連携、IoT/行動センシング技術を活用した実験を開始 ([MONOist])

 九州工業大学とIDCフロンティア(IDCF)は2016年6月24日、スマートライフケア社会の実現に向け、産学連携に関わる包括協力協定書に調印したと発表した。今後、ライフケア分野におけるIoT(モノのインターネット)/行動センシング技術を活用した実証実験を開始し、同年8月には介護事業者向けに、行動センシングプラットフォームとデータの受け取り口となるIoTゲートウェイを実証用として提供する予定だ。

 九州工業大学では、2015年10月に戦略的研究ユニット「スマートライフケア社会創造ユニット」を立ち上げ、IoTやロボティクスを最大限に活用したスマートライフケア社会の実現を目指した取り組みを進めている。

 医療分野においては、同協定に先立ち、九州大学病院などと共同で病院内での看護行動センシング実験を実施。収集した看護行動データの一部を使用し、機械学習によって行動認識アルゴリズムを構築するなど、看護行動を認識してビッグデータ解析を行う研究に取り組み、介護分野への応用を進めている。

 また、IDCFは、Yahoo! JAPANグループのITインフラ事業者として、国内9カ所の自社データセンターを運営している。同時に、データセンター事業を基盤としたクラウド事業も拡大させており、データセンターに蓄積されるデータの有効活用に取り組んでいる。

 今回の協定締結により、両者では、ライフケア分野における九州工業大学のIoTを活用した行動センシング技術と、IDCFが持つクラウドコンピューティングによるビッグデータ解析・分析の技術、およびデータ蓄積のためのITインフラを組み合わせ、研究分野や産学組織を横断した実践的な体制とプラットフォームを確立し、実証/連携/評価を進めるとしている。

左から九州工業大学の尾家学長、IDCFの石田社長


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/