ものづくりニュース by aperza

ヤマハ、「人工知能演奏システム」で技術協力。人間と機械のアンサンブル演...

ヤマハ、「人工知能演奏システム」で技術協力。人間と機械のアンサンブル演奏会

ヤマハ株式会社は、5月19日(木)に東京藝術大学奏楽堂にて開催される「音舞の調べ〜超越する時間と空間〜」(主催:東京藝術大学、東京藝術大学COI拠点)において、同社が開発中の「人工知能演奏システム」をつかって技術協力をおこなうことを発表した。

同イベントでは、20世紀のピアノ巨匠、スヴァトラフ・リヒテルの往年の演奏を忠実に再現し、世界的名演奏家集団であるベルリンフィル・シャルーンアンサブルと共演するとしている。

今回の技術協力では、リヒテルの生前のライブ演奏の録音から忠実に演奏表現をデータ化した専用の音源を使用。音源の再生に使用するピアノ『Disklawier(ディスクラビア)』は、リヒテルが円熟期に愛用した『CF』の後継機種となるコンサートグランドピアノ『CFX』に自動演奏機能を持たせたもので、世界最高クラスの再生精度を誇るという。

また同社の「演奏追従技術」は、アンサンブルの共演者である人間が演奏する“音”と“ジェスチャー”を逐次理解し、次の瞬間の演奏を予測して人間と協調した自動演奏をおこなう。これらを組み合わせた「人工知能演奏システム」により、ベルリンフィル・シャルーンアンサンブルの演奏にあわせてピアノの自動演奏を制御し、息の合ったアンサンブルを披露するとしている。

1604150101

■「音舞の調べ〜超越する時間と空間〜」概要

日 時: 2016 年 5 月 19 日(木) 19:00~(18:00 開場、 18:15~ プレトーク)

会 場: 東京藝術大学奏楽堂(大学構内)

主 催: 東京藝術大学、東京藝術大学 COI 拠点

入 場 料: 5,000 円(全席指定・税込み) ※就学前のお子様の同伴・入場はできません。

曲 目:

  • L.v.ベートーヴェン 《七重奏曲》変ホ長調 作品 20 より 第 1、3、5、6 楽章
  • A.ドヴォルジャーク 《チェコ組曲》ニ長調 作品 39
  • F.シューベルト ピアノ五重奏曲《鱒》イ長調 D667 より 第 4、5 楽章 ※技術協力対象
  • 松下 功 《音舞の調べ》(2016) ~ 時、人、空を繋ぐ「間」 ~

出 演:

  • ベルリンフィル シャルーンアンサンブル
  • コシノ ジュンコ(デザイナー) ※プレトークおよびショーに出演
  • 松下 功(作曲家・東京藝術大学副学長)
  • 田邑 元一(ヤマハ(株)研究開発統括部 第 1 研究開発部長)※プレトークに出演

 

チケットに関してなど、その他詳細については「音舞の調べ~超越する時間と空間~」公式サイトをご覧ください。

 

http://www.geidai.ac.jp/container/sogakudo/42959.html


株式会社アペルザで「ものニュー」の記事制作をはじめ、コンテンツ制作を担当しています。これまでひたすら文系人生だったこともあり、ものづくり関しては何がわからないのかもわからないレベルです。ものニューを通じて私も知見を広げていきます。得意なことはけん玉で、特にうぐいすと灯台系は自信があります。