モノラボ、使用者のアイデアが商品化、参加型ものづくりサービス

モノラボ、使用者のアイデアが商品化、参加型ものづくりサービス

モノラボは、「この商品、もっと○○だったらいいのに」という使用者のアイデアを実際に商品化する「参加型ものづくりサービス」を展開している。

同社では、「本当に欲しいと思うモノ作りの仕組みを構築したい」という思いから、専門知識がなくても気軽にアイデアを提案する「使用者」、使用者の意見を踏まえて商品を制作する「専門家」、使用者と専門家を繋ぐ「プロデューサー」と、これら3つを繋ぎ合わせて理想的な商品を生み出す参加型のものづくりサービスを行っている。

「既存の商品では満足していない」という声に応えるべく、その商品分野に詳しい人と組み、YouTubeとクラウドファンディングを活用し、購入者と繋がることでオリジナルのプロダクトを開発。使用者が欲しいと望むニーズを引き出し、デザインを取り入れた商品として提案する。

アイデアの提案は、誰でも投稿フォームから簡単に行え、ものづくりへの参加は無料。アイデアが選ばれ、商品化した場合の購入のみ料金が必要。

 

詳細:モノラボ「理想的なものづくりラボ」


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。