ものづくりニュース by aperza

ムダなし楽々改善:迷わず捨てる

ムダなし楽々改善:迷わず捨てる

あなた一人で、手抜きでできる「ムダなし楽々改善」

迷わず捨てる

あなたの周りは、「要るもの」だけになりました。

しかし、「要らないもの」が、別の場所にたくさん置かれています。

このまま放っておくと、「要らないもの」が、あなたの周りに戻ってきます。

 

早く捨ててしまいたいですが、あなたは捨てることができますか?

無理して捨てると、後悔しそうな感じがしませんか?

捨てることは、難しいものです。

 

まず、壊れているものは、すぐに捨てましょう。

修理すれば使えるものは、修理して要るものとします。修理するほどでもなければ、直ちに捨てるべきです!

捨てる時のアイデアを紹介します。

 

せっかく決断して捨てるのですから、捨てる前に一か所にまとめて、写真を撮り、重量を計ります。

「トータル何kg捨てた」ということが、あなたの「ムダなし楽々改善」のやりがいになります。

残ったものは「要るもの」が、含まれています。1か所にまとめて置きましょう。

 

そこに置いた日付を書いておくことが重要です!

その中から「要るもの」が発生した場合、それを使う時に、あなたの近くに戻してください。

最も重要なことは、置いておく期限を決めることです。

 

1か月ぐらいで先ずは決めてください。長くても3か月まで!

使うメンバーで相談して決めてください。

紙に、置いた時の日付を『~~~(日付)まで保管』と、分かりやすく書いておきましょう。

 

期限内は、使うことになったものは、使うときに、持って帰って構いません。

ただし、持ち出すのは使うものだけ!

それ以外のものは期限が過ぎるたら、目をつぶって、捨ててください。

 

私の経験では、1か月もの間使わなかったものは、99%使うことはありません。思い切りが重要です。

捨てる時には、写真と重量計測をお忘れなく!

期限を過ぎても捨てにくいのが、記念の品……表彰状や記念行事での賞品などです。表彰状は、写真やスキャナーして、現物は倉庫にしまいましょう。

 

よく額に入った表彰状を見かけますが、一定期間(例えば半年)を過ぎたものは必要でしょうか?

コピーの表彰状…… もっと言うと、縮小して小さくすれば、少ない場所で掲示できます。

重ねて見えるようにしても良いと思います。

 

ここまで進めたら もう一度、あなたの周りを見てください。

昔の状態が信じれないくらい、スッキリするはずです!

参考書

誰にも聞けない「サービス業の3S改善」
誰にも聞けない「トヨタ生産方式」現場改善コーチが伝授します
5Sを楽に楽しくコーチしましょう! 現場改善コーチが伝授します
あなた一人で、手抜きでできる「家事に役立つ楽々改善」
一瞬で分かる「工場を見抜く眼力」
誰にも聞けない「在庫削減」現場改善コーチが伝授します
誰にも聞けない「セル生産」現場改善コーチが伝授します
あなた一人で、手抜きでできる「速効の整理清掃改善」
「ムダ」を楽と楽しさに変える楽々改善
あなた一人で、手抜きでできる「元に戻らない現場改善」
あなた一人で、手抜きでできる「機械でじゃんじゃん生産できる改善」
あなた一人で、手抜きでできる「作業を楽にする現場改善」
あなた一人で、手抜きでできる「ムダなし楽々改善」

 

出典:『あなた一人で手抜きでできる 楽々改善』楽々改善舎


現場改善コーチ。楽々改善舎代表 ◎1958年大阪府生まれ。同志社大学工学部電子工学科卒業後、松下電器産業株式会社(現パナソニック)に入社。34年の勤務の後、2015年に定年退職。◎前半17年間は、生産技術として社内用生産設備の制御・計測機器の設計を担当。後半17年間は、社内の生産工場の生産革新・生産性向上プロジェクトの支援を担当。現場改善を推進する。同時に、IE(インダストリアルエンジニアリング)トレーナーとして現場メンバーにIE改善の訓練を行う。社内のIEトレーナー養成研修を担当し、IEトレーナーを育成。社内のIE認定部会の副主査を10年間担当。◎1995年、衛生工学衛生管理者試験合格。2011年、技術士(経営工学)ニ次試験合格。2015年、栃木県足利市の5Sインストラクター研修修了。◎2015年、楽々改善を提唱し、「楽々改善舎」を大阪にて発足。楽々改善のサポート、5S改善を推進できる人材の育成、Webによる現場改善の情報発信、電子出版をノマドワークで推進している。◎楽々改善 http://r2k.link/raku.html