ものづくりニュース by aperza

ムダなし楽々改善:ムダとは?

ムダなし楽々改善:ムダとは?

あなた一人で、手抜きでできる「ムダなし楽々改善」

ムダとは?

が小さい時に『楽しいムーミン一家』というテレビ番組がありました。

そこに「ジャコウネズミ」というおじいさんが登場します。

いつも、「ムダじゃムダじゃ、まったくムダじゃよ」とつぶやきます。何故か、その「ムダ」が、私には響いたのを思い出します。

 

「ムダ」とは、いったいどんなものでしょうか?

「ムダ」を考える前に、ムダの反対は何でしょうか?

ムダの反対は「付加価値」です。

 

つまり「価値」です。お客さんが、お金を払ってでも欲しいものです。

例えば、自動車のトヨタさんでは、次のように言われているそうです。

鉄板に穴をあける作業の場合、鉄板を運んできて、プレスにセットし、スイッチを押して穴をあけます。

 

その「ゴーン」という穴をあける瞬間だけが、価値のある仕事であると考えるそうです。

もちろん運んだり、セットする作業もあります。

それらは、穴をあけるための準備であり、ゼロには出来ませんが、出来る限り、少なくしたい作業と考えるのだそうです。

 

つまり、穴をあける瞬間以外の作業には、すべて「ムダ」があると考えられています。
これが、トヨタさんの考え方です。

あなたの作業を、一度、分析してみましょう。スマホやデジカメで、30分程度、撮影してみるとよく分かります。

作業一つひとつを分類して、お客さまがお金を払ってくれる作業であるか考えてみてください。次のムダがないか分析してみましょう。

 

1番目は、「手待ち」のムダです。何もしていない状態です。

何もしていないのは大きなムダです。これは時間がムダです。

あなたでは解決できないケースが多いので、かなり手ごわいムダです。

 

2番目は、「歩行」のムダです。

特に、手に何も持たずに歩いていることはありませんか? 

歩いていると仕事をしているような錯覚を感じるので、とてもやっかいなムダです。   

 

3番目は、「探し」です。

あなたは、一日に何回、ものを探していますか? 結構な回数になっていませんか?

探して出てきたら、まだいいのですが、探しても出てこない場合、また、発注する……こんなことが起きていませんか?

 

さらに、たくさん発生しているのが「手の動きのムダ」です。

手を伸ばして遠くから取っていませんか? 腰を曲げたり、身体をねじったり、しゃがんで取っていることはありませんか?

小さなムダですが、少しずつ発生するので、見逃しがちなムダです。

 

パソコン作業でも、ムダが発生しています。

例えば…… エクセルやワードで文書を作成する場合、マウスを使って入力します。

マウスは画面を見ながら、カーソルの位置決めするので神経を使う作業です。気がつかないうちに時間がかかっていて、ムダが発生しています。

 

さあ、これらの「ムダ」を、なくしていきましょう!

参考書

誰にも聞けない「サービス業の3S改善」
誰にも聞けない「トヨタ生産方式」現場改善コーチが伝授します
5Sを楽に楽しくコーチしましょう! 現場改善コーチが伝授します
あなた一人で、手抜きでできる「家事に役立つ楽々改善」
一瞬で分かる「工場を見抜く眼力」
誰にも聞けない「在庫削減」現場改善コーチが伝授します
誰にも聞けない「セル生産」現場改善コーチが伝授します
あなた一人で、手抜きでできる「速効の整理清掃改善」
「ムダ」を楽と楽しさに変える楽々改善
あなた一人で、手抜きでできる「元に戻らない現場改善」
あなた一人で、手抜きでできる「機械でじゃんじゃん生産できる改善」
あなた一人で、手抜きでできる「作業を楽にする現場改善」
あなた一人で、手抜きでできる「ムダなし楽々改善」

 

出典:『あなた一人で手抜きでできる 楽々改善』楽々改善舎


現場改善コーチ。楽々改善舎代表 ◎1958年大阪府生まれ。同志社大学工学部電子工学科卒業後、松下電器産業株式会社(現パナソニック)に入社。34年の勤務の後、2015年に定年退職。◎前半17年間は、生産技術として社内用生産設備の制御・計測機器の設計を担当。後半17年間は、社内の生産工場の生産革新・生産性向上プロジェクトの支援を担当。現場改善を推進する。同時に、IE(インダストリアルエンジニアリング)トレーナーとして現場メンバーにIE改善の訓練を行う。社内のIEトレーナー養成研修を担当し、IEトレーナーを育成。社内のIE認定部会の副主査を10年間担当。◎1995年、衛生工学衛生管理者試験合格。2011年、技術士(経営工学)ニ次試験合格。2015年、栃木県足利市の5Sインストラクター研修修了。◎2015年、楽々改善を提唱し、「楽々改善舎」を大阪にて発足。楽々改善のサポート、5S改善を推進できる人材の育成、Webによる現場改善の情報発信、電子出版をノマドワークで推進している。◎楽々改善 http://r2k.link/raku.html