ものづくりニュース by aperza

ビッグデータの収集/蓄積/分析を行うクラウドサービスを提供開始 ([M...

2016/11/1 IT media

ビッグデータの収集/蓄積/分析を行うクラウドサービスを提供開始 ([MONOist])

 東芝 インダストリアルICTソリューション社は2016年6月28日、ビッグデータの収集/蓄積/分析までをワンストップで提供するクラウドサービス「GridData Analytics Cloud」を発売した。

 同サービスは、同社のビッグデータ向けスケールアウト型データベース「GridDB」と、データ分析実績として培ってきた分析パターン・ノウハウに基づく分析ツール、Fluentd/Apache Sparkなどの標準的なオープンソース技術を組み合わせたクラウドサービスとなる。オープン環境のため、他のソフトウェアやサービスとも容易に連携が可能だ。

 データの収集では、Fluentdを基盤としたエージェント機能により、Webログなどの発生周期が短いデータを簡単に収集する他、同社の「SmartEDA」との連携でセンサーデータ、デバイスデータなどを収集する。また、ローダー機能により、CSVファイルや文書を高速に収集できる。

 蓄積したデータは、GridDBを活用することで、大量のデータでも高速な更新や検索処理が可能。蓄積データはWeb APIで構成されるため、さまざまな外部アプリケーションとのデータ連携も容易となっている。

 他に、Apache Sparkを基盤に複数の処理ユニットが同時に情報処理する並列分散処理エンジンや、事象パターン抽出エンジン、テキスト分類/抽出エンジン、Spark MLlibによる機械学習アルゴリズムエンジンを搭載。各種の分析に適した分析パターン・アルゴリズムに加え、時系列データを可視化する仕組みやさまざまな分析ツールと連携する仕組みを提供する。

 価格は、1カ月10億レコードまでの収集/蓄積/分析(Apache Sparkによるバッチ分析/アドホック分析)が可能なスタンダードプランが月額35万円から(税別)。同社では、大量のセンサーデータやマシンログを分析・活用するIoTシステムや、Webログやアプリケーションログを分析・活用するマーケティングシステムなどに向けて提案するとしている。

GridData Analytics Cloud サービス構成イメージ


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/