ものづくりニュース by aperza

パートさんの改善

パートさんの改善

これまで2回、私が現場で接して驚かされたパートさんの改善についてお話ししましたが、このお二人が特別な方たちであるということではありません。

実はどなたも例外なく改善実行の能力を備えています。

 

ところが多くの会社ではパートさんたちに改善の実行を求めていません。

だから誰もやりません。

せっかくの能力を使わないなんてもったいないと思いませんか。

 

そこで現場でやりにくそうに作業をしているパートさんがいたら、すぐに話しかけて様子を聞いてください。

するとその仕事がどうやりにくくて、どうなったらいいかをはっきりと教えてくれるでしょう。

そして解決方法を一緒に考えて改善を実行すれば、その瞬間から品質や能率が上がります。

 

このような会話を毎日現場でみんなと交わし改善実行を繰り返していくと、職場には仕事が楽になり能率・品質が上がるいいサイクルが回り始めます。

そしてパートさんたちが仕事を改善すると楽になるしほめられるとわかり、どんどん改善実行が進みます。

改善はみんなでやるものです。どんな小さな改善であっても、全員がずっとやると経営が変わります。

 

みんなで改善をやりましょう! パートさんが参加できる改善の仕組みをお作りください。

改善マンガ6回目-768x2252

◎現場改善No.1コンサルタント。大手自動車メーカーにて、一貫して生産効率改善(IE)を担当し、その改善手腕を見込まれて、社命にてスタンフォード大学大学院に留学。帰国後、若くしてIE責任者として、全国の主力工場を指導、抜群の成績をあげる。 ◎現在、 柿内幸夫技術士事務所の所長 として、自動車、家電、食品、IT関連メーカーなどを指導。「現場で、全社員が一緒に改善する実勢指導」という独自のノウハウで、社長・工場長はもとより、現場の人たちから絶大な信頼をよせられる。中小企業のドロ臭さと、最新鋭の工場ラインの双方を熟知した手腕に、国内だけでなく欧米、中国、アジアの工場の指導に東奔西走する毎日である。 ◎1951年東京生まれ。東京工業大学工学部経営工学科卒業、スタンフォード大学修士課程修了、慶応大学にて工学博士号取得。 ◎著書「最強のモノづくり」(御沓佳美 共著)「“KZ法”工場改善」「儲かるメーカー 改善の急所〈101項〉」、「5Sでつくる高収益工場ビデオ」「図解でわかる生産の実務 現場改善」「現場改善入門」「現場の問題解決マニュアル」他多数。平成16年日本経営工学会経営システム賞受賞。工学博士、技術士(経営工学)。