パワーバンクはポケモンGO制覇のキーアイテム

パワーバンクはポケモンGO制覇のキーアイテム

外出中の常時接続のモバイル・ライフスタイルへの期待により、寿命の長いバッテリと、性能を失わず1日中使用できるバッテリ容量の拡大がこれまで以上に重視されるようになっています。

私たちは、日々の生活のほぼすべてにおいてスマートデバイスに依存しているため、最も効率的なデバイスや高性能のバッテリでさえ、1日のうちに多少、再充電する必要があります。

それによって、AC電源や壁のコンセントを簡単に利用できない時も簡単に充電できる、一般的に「パワーバンク」と呼ばれる携帯型の電源の需要をもたらしています。

最近の「ポケモンGO」の熱狂は、パワーバンクが補助バッテリ源の提供の重要な役割を果たしている良い例です。

「ポケモンGO」のプレイは病みつきになるため、遊んでいていると簡単に1日が過ぎてしまうこともあります。

プレイヤーは、モバイルゲームのプレイ時間を伸ばそうと躍起になり、その結果、このゲームだけでパワーバンク/モバイル・バッテリの売上が2桁以上も増えたと報告されています。

 

モバイルデバイスの携帯性を高める努力は続けられていますが、いかにデバイスが効率化しても、長時間の使用には大型のバッテリが必要であるという物理の法則は変わりません。

残念ながら、消費者は薄くて軽いバッテリを期待しており、その結果、重要な情報を失わないように1日を通してデバイスを再充電する必要が生じています。

パワーバンク市場は活況を帯びており、調査会社のMarkets & Marketsは20%を超える年平均成長率を予測しています。

 

しかし市場の成熟とともに、メーカーはマーケットシェアを伸ばすために、より機能豊富なパワーバンクを投入することで差別化を図ろうとしています。

初期のパワーバンクは、単に充電回路とバッテリ残量の有無を示すLEDで構成されていました。

その後、大まかなバッテリ残量を示すための複数のLEDを搭載したものも登場しました。

 

今日の事情通のエンドユーザは、すべてのデバイスに対してより多くの機能と接続性を期待しており、パワーバンクもその例外ではありません。

見かけも大切:最新のパワーバンクには、さまざまなデザインのデバイスに見合った、おしゃれなスタイリッシュな外見が期待されています。

機能と使いやすさによる差別化:最新のパワーバンクは、高速充電と単位重量あたり大きな容量が必要であり、スマートフォンの開発者が投入する高度な充電プロトコルとの互換性も必要です。

 

そして、コストは常に課題になります。それでは、どうすればコストを上げずに、高度な機能と情報表示を、処理能力のないバッテリパックに組み込めるでしょうか?

答えは、パワーバンクとスマートフォンを接続する充電ケーブルと、新しい革新的なシリコン・ソリューションを組み合わせることにあります。

オン・セミコンダクターのLC709501Fパワーバンク・プラットフォームは、次世代のパワーバンク向けの高度に統合されたシングルパッケージ・ソリューションです。

 

LC709501Fは、業界トップの電力密度と豊富な保護メカニズムを備えています。

また、iOS、Android™、およびWindows®対応のアプリが用意されており、ほとんどのスマートデバイスで使用できます。

さらに、さまざまな電源を検出し、パススルー機能を提供し、さまざまな電圧をサポートする高い充電能力を備えています。

 

Quickcharge™ およびFast Chargeの急速充電アルゴリズムをサポートするデバイス向けに、それらのアルゴリズムを組み込んでいます。

パワーバンクを接続すると、スマートフォンにアイコンが表示されます。

このアプリは、バッテリの残量パーセンテージ、残量がなくなるまでの時間、バッテリの温度、充電モード、その他に関する情報を提供します。

実際、現在のスマートユーザーがスマート・パワーバンクに期待するものをすべて備えています。

出典:『パワーバンクはポケモンGO制覇のキーアイテム』オン・セミコンダクター


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。