ものづくりニュース by aperza

バーコードリーダの原理

バーコードリーダの原理

バーコードリーダとは、バーコードを光学的に検知し、そのバーとスペースのパターンを解析することによって、特定のキャラクタに変換するための装置である。

バーコードリーダは、何らかの光源と光センサーを持ち、また、バーコードをスキャン(走査)する仕組みをもっている。

光センサーの出力は、微弱なアナログ信号であるのでそれを増幅し、ある基準の閾値(スレッシュホルド)によりデジタル化(2値化)する。

 

反射率の高いスペースは“0”、反射率の低いバーは“1”とするデジタル信号を変換し、メモリーに記録する。

そして、そのパターンを解読し、様々なインターフェースによりデータ出力する。

そして、バーコードリーダは、これを実現するために、光源部、スキャニング部、受光部、信号増幅部、デジタル変換部、デコード部、インターフェース部により構成されている。

スクリーンショット 2017-01-16 11.53.07

提供:アイニックス株式会社


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。