ものづくりニュース by aperza

バーコードのコントラスト

バーコードのコントラスト

バーコードのコントラストの表記には、PCS値(Print Contrast Signal)とMRD値(Minimum Reflectance Difference)が代表的である。

バーコードリーダの読み取りできる最小コントラスト値は、近年、MRD値を使用することが増えている。

PCS値は、目に感じたコントラストを表しているので、グラフィック印刷やテレビモニターで利用されるパラメータである。

 

最大反射率と最小反射率の差を求め、それを最大反射率で除することにより、視覚に近い値にしている。

米国工業規格(ANSI)では、PCS値は、0.75以上を要求しており、また、スペースの反射率RLも次のように規定している。

 

PCS値=(RL-RD)/ RL×100(%)
RL:スペースの反射率
RD:バーの反射率

 

RL min ≧50%(X<0.51mm)
RL min ≧25%(X≧0.51mm)
RL min:スペースの最小反射率
X:細エレメント幅

 

しかし、バーコードシンボルは、目視で読み取るものではなく、バーコードリーダが読み取るものであるから、バーコードリーダにとって的確なパラメータにする方が良い。

そこで、バーコードの印刷評価では、PCS値ではなく、MRD値が利用されるようになった。

MRD値は、バーコードリーダの出力波形を観測し、スペースの最小反射率RL minからバーの最大反射率RD maxを差し引いたシンボルの最小反射率差である。

 

国際自動認識工業会AIMIでは、MRD値とバーとスペースの反射率について、次のように規定している。

 

MRD値=RL min-RD max
RL min:スペースの最小反射率
RD max:バーの最大反射率

 

MRD ≧37.5%(X<1.02mm)
MRD ≧20%(X≧1.02mm)
RL min ≧25%
RD max ≧30%
X:細エレメント幅

 

コントラストのパラメータは、PCS値とMRD値の他に、最小エッジコントラスト(ECmin)とシンボルコントラスト(SC)がある。

最小エッジコントラスト(ECmin)は、隣り合うバー/スペースの中の最小MRD値であり、ISO/IECは、ECminが15%以上を要求している。

シンボルコントラスト(SC)は、シンボルの最も明るい部分の反射率RL maxから最も暗い部分の反射率RD minを引いた値であり、シンボルの最大反射率差である。

 

ECmin =(RL-RD)min
EC =RL max-RD min

スクリーンショット 2017-01-16 18.08.12

提供:アイニックス株式会社


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。