ものづくりニュース by aperza

ネットワークを自動で管理・制御できる基盤を開発 ([MONOist])

2016/11/7 IT media

ネットワークを自動で管理・制御できる基盤を開発 ([MONOist])

 NECは2016年10月20日、ネットワークを自動で管理・制御できる基盤「IoTサービスイネーブラ」を発表した。次世代無線インフラのアーキテクチャの1つである「モバイルエッジコンピューティング(MEC)」での利用などに向けた製品だ。

 同基盤は、IoT(モノのインターネット)サービスに利用するアプリケーションのほか、3GPP(携帯端末などの通信規格を標準化するプロジェクト)で規定されたネットワーク、OneM2M(Machine to Machine通信の標準仕様策定プロジェクト)で規定されたセンサーやカメラなどに対応する。これにより、センサーやカメラなどからの情報と、モバイルネットワークのトラフィックの特性・状況を、どちらもリアルタイムに把握・分析できる。

 さらに、その分析結果をもとに、各IoTサービスが求めるネットワーク性能をはじめ、各サービスに適したネットワークリソースの割り当てや、ネットワークの設定変更などを自動で行う。例えば、低遅延なネットワークが必要な自動運転サービスと、数時間に一度の通信で済む自動販売機の在庫管理サービスが併用されている場合、自動運転サービスに多くのネットワークリソースを自動で割り当てる。ネットワークを効率的に運用でき、その結果、運用コストや設備投資の効率化が図れる。

 近年、ネットワークを利用したサービスの多様化・高度化に伴い、データ処理の高速化と有限のネットワークリソースを各サービスに適切に割り当てる必要性が高まっている。処理を高速化する手法としては、データの処理機能の一部をモバイルネットワーク内に置いて通信距離を削減するMECがあるが、同社では、同基盤を導入することで、トラフィック特性が異なるサービスを1つのネットワークで運用できるようになるとしている。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/