ものづくりニュース by aperza

デバイスと通信プロトコルの連携を簡素化するIoTプラットフォームを提供...

2016/11/1 IT media

デバイスと通信プロトコルの連携を簡素化するIoTプラットフォームを提供 ([MONOist])

 日本ヒューレット・パッカードは2016年6月3日、米ヒューレット パッカード エンタープライズが、多種多様なデバイスと各種通信プロトコルとの連携を簡素化するIoT(モノのインターネット)プラットフォーム「HPE Universal IoT Platform」の提供を開始することを発表した。

 HPE Universal IoT Platformは、業界標準のoneM2M(マシンツーマシン)規格に準拠し、個別の業種やベンダーに依存しない設計となっている。これによりIoT事業者は、異種混在のセンサーの組み合わせを管理し、M2Mデバイス上で業種別のアプリケーションを運用できる。また、デバイスから取得したIoTデータは、oneM2M規格に準拠した一貫性のあるデータモデルで保持し、データを処理・分析して収益化できる。

 同社の「HPE Vertica」「HPE Haven OnDemand」を使用すれば、センサーから収集されたデータから意味のあるパターンを発見し、ビジネス上のさまざまな見識を引き出すことも可能だという。

 さらに、省電力・長距離通信向け規格のLoRa/SIGFOXのほか、モバイルネットワークなどの無線、Wi-Fi、Bluetoothなどの接続プロトコルもサポート。接続性が向上したほか、鍵交換とコーデックライブラリを活用し、データセキュリティも強化した。

 同プラットフォームは、オンプレミスやプライベートクラウド環境でのas-a-Serviceモデルで提供可能で、数10億件のトランザクションまで拡張できるとしている。


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/