デジタルと物理的なアイデンティティ・インテリジェンスの統合、Threa...

デジタルと物理的なアイデンティティ・インテリジェンスの統合、ThreatMetrix『Spring ’18 Release』発表

ThreatMetrixは、同社とLexisNexis Risk Solutionsにとって最初の製品統合となる『Spring ’18 Release』を発表しました。

これにより、『オンラインとオフラインの世界にまたがる高度なアイデンティティ・インサイトを通じてリスクに対する意思決定を変革する』という2018年2月のLexisNexis Risk Solutionsによる買収がもたらすビジョンの実現に向けたプロセスを加速していきます。

ThreatMetrix とLexisNexis Risk Solutions製品の統合

『ThreatMetrix ID』は、個々のデジタル・アイデンティティを一意のデジタル識別子として構築した、複雑で刻々と変化する属性情報を伝えるThreatMetrixの中核技術であり、毎日1.1億件におよぶオンライン・トランザクションから得たトークン化データを基にしています。

『ThreatMetrix ID』は、ユーザーをより包括的に把握するため、顧客や技術パートナーからのユーザー識別子を組み込むことができるようになりました。特に、LexisNexis Risk Solutions の『LexID』は、『ThreatMetrix ID』内の属性として組み込むことができます。

『LexID』は先進の結合技術を利用して、個々の顧客アイデンティティに関する交差データポイントを分析、整合、管理します。今回の統合によって、この機能を持つトランザクションを評価している企業は、『LexID』と『ThreatMetrix ID』の連携による相乗効果を得ることができます。

この連携は、デジタル・アイデンティティと物理的なアイデンティティの間のギャップを埋める役割となり、プライバシーを侵害することなく全方位視点で捉え、導き出されたインサイトの提供を可能にしています。

 

ThreatMetrixの最高製品責任者(CPO)のAlisdair Faulkner は、次のように述べています。

「LexisNexis Risk Solutionsの一員となって初めての統合製品を送り出すことができたことを嬉しく思います。私たちのアイデンティティにおける専門知識を組み合わせることで、世界中のお客様を既存および新種の不正、リスク、金融犯罪からさらに確実に防御することができます。

私たちは、自社製品を拡充する機会に恵まれ、デジタル・アイデンティティ革命の最前線に立ち続けるためのイノベーションを推進することで、業界でのリーダーシップを強化していきます」

 

ThreatMetrixプラットフォームでのアイデンティティ検証を高度化するため、LexisNexis Risk Solutionsの追加機能が統合されています。この機能には、『LexisNexis Phone Finder』『LexisNexis Email Risk Assessment』『LexisNexis Order Score』が含まれます。

これらのソリューションはすべて、分かりやすい結果を生成することから、顧客ライフサイクル全体のトランザクションに関連するリスク評価をサポートします。

拡張された強力な顧客認証による規制遵守の強化

ThreatMetrixは、ユーザーには完全に見えない方法で強力な顧客認証(SCA)を可能にする、『Web Strong ID』も併せて発表しました。これは、既存の『Mobile Strong ID』ソリューションを拡張するもので、ウェブおよびモバイル・トランザクション全体を網羅しています。

ThreatMetrixのユーザーは、特定のデバイスとユーザーのアイデンティティを暗号によって結び付ける独自のなりすまし防止の識別子を利用することができます。デバイスは一度登録されると、今後のやり取り時は信頼性と一貫性が高い方法で再度デバイスを認証します。

これにより、PDS2などSCAの要件への準拠、また、二要素認証が実施されることでNIST デジタル・アイデンティティ・ガイドラインへの準拠が容易になります。これは、ユーザーが介在することなく行われ、多要素認証にしばしば伴う煩わしさを解消します。

Maker-Checker ポリシー承認ワークフロー

『Spring ’18 Release』で強化したもう一つの重要な機能として、Maker-Checkerポリシー承認ワークフローを導入したことが挙げられます。リスク決定ポリシーは、作成段階でシームレスに更新され、不正行為や消費者行動の変化に即座に適応することができます。ただし、多くの組織では、監査可能な方法でポリシーの変更を追跡・管理する必要があります。

ThreatMetrixの新しいワークフローにより、ThreatMetrix Decision Management Portalでのポリシー編集者(メーカー)とポリシー承認者(チェッカー)の役割の分離が可能になることで、規制遵守の強化を図ることができます。

Faulknerは次のように続けています。

 

「ThreatMetrixはイノベーションの追求に取り組む中で、お客様との頻繁に積極的な対話を通じてインスピレーションを得て、市場をリードする製品を開発しています。『Spring ’18 Release』の多くの機能は、移り変わるコンプライアンスニーズ、進化する技術的背景、そしてユーザー行動の変化に対応しているお客様から直接寄せられたフィードバックが基になっています。

ThreatMetrixは、企業にもエンドユーザーにも同様に安全かつフリクションレスの不正対策や認証ソリューションを提供することにより、お客様がオンラインの収益性を高め続けられるようにしています」

参考:ThreatMetrix
参考:LexisNexis Risk Solutions


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。