ものづくりニュース by aperza

ディープラーニング・AI用の高速Linuxサーバ新製品を発売 ([MO...

2016/11/1 IT media

ディープラーニング・AI用の高速Linuxサーバ新製品を発売 ([MONOist])

 GDEPソリューションズは2016年10月3日、菱洋エレクトロとともに、日立製作所のディープラーニング・AI用サーバ「SR24000/DL1」を発表した。同日からGDEPソリューションズが販売し、初年度100台の販売を目指す。

 SR24000/DL1は、ディープラーニングやAI、高度な計算能力を必要とするデータ分析など、負荷の高いワークロード用に設計された高速Linuxサーバの新製品だ。GPUはNVIDIA Tesla P100 Pascal(2GPUまたは4GPU)、CPUはIBM POWER8(20c 2.86GHz)プロセッサーを搭載する。

 同サーバでは、NVIDIA Tesla P100 Pascal GPUとIBM POWER8を、高速インターコネクト技術NVIDIA NVLinkで密接続することによりGPU間の接続帯域幅を向上させた。データ転送速度がx86系サーバの5倍となり、システム全体の処理能力が上がっている。

 その他の仕様は、メモリが256GB以上、ストレージがSSD 1.92TB×2、ネットワークが10GE、40GE、InfiniBand EDRなどとなっており、必要に応じて選択可能だ。

 また、Caffe、Theano、TensorFlowなどのディープラーニングフレームワークをサポート。国産のフレームワークChainerのサポートも予定している。

 GDEPソリューションズと菱洋エレクトロの両社は、多くのNVIDIA製品を販売しており、今後市場拡大が予想されるディープラーニング・AI分野をはじめとするGPUコンピューティングにおいて長期的に技術協力、販売協力していくという。



日立製 SR24000/DL1


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/