ものづくりニュース by aperza

ソレコン過去応募作品紹介『BOXYボールペンをソレノイドで再現』

ソレコン過去応募作品紹介『BOXYボールペンをソレノイドで再現』

ニッチな電磁石の電気部品「ソレノイド」を使った発明品を動画で投稿し、 アイデアと技術を競うコンテスト「ソレコン」。主催するのはソレノイドの製造・販売を手がけるタカハ機工で、高専生から現役のエンジニア、シニアの技術者まで幅広い層が参加しています。

第1回ソレコン(応募期間:2014年2月1日~3月31日)から、過去の応募動画を紹介していきます!

BOXYボールペンをソレノイドで再現(投稿者:鈴木康之 さん)

《コメント》
使っているのはソレノイド、スイッチ、電池、そして3Dプリンタで造形したボールペンです。

簡単に分解できるようにケースはネジ止めでなく、磁石をケースに組み込んで磁力でとめています。

ソレノイドを押し出すほうと、ペン先をひっこめるほうと両方を利用しました。

「ソレノイド」とは?

「ソレノイド」は自動車をはじめ、自動販売機や銀行ATM、ドアの自動ロック等、身の回りにある多くの製品に使用されているモーターのような駆動部品。ロボコンにもソレノイドが多く使われている。

出典:「第1回 ソレコン応募動画」タカハ機工株式会社


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。