ものづくりニュース by aperza

ソレコン過去応募作品紹介『ピンボールマシン』

ソレコン過去応募作品紹介『ピンボールマシン』

ニッチな電磁石の電気部品「ソレノイド」を使った発明品を動画で投稿し、 アイデアと技術を競うコンテスト「ソレコン」。主催するのはソレノイドの製造・販売を手がけるタカハ機工で、高専生から現役のエンジニア、シニアの技術者まで幅広い層が参加しています。

第2回ソレコン(応募期間:2015年1月1日~2月14日)から、過去の応募動画を紹介していきます!

ピンボールマシン(投稿者:富山聴覚総合支援学校 高等部 機械科 さん)

《コメント》
11個のソレノイドをマイコン制御して動くピンボールマシンです。

しくみはすべて自分たちのアイデアによるもので、試行錯誤しながら作り上げました。

色とりどりの電飾や点数表示も備え、学習発表会でもお客さんに楽しんでもらえました。

こだわりのものづくりに取り組んだ卒業製作品です。

「ソレノイド」とは?

「ソレノイド」は自動車をはじめ、自動販売機や銀行ATM、ドアの自動ロック等、身の回りにある多くの製品に使用されているモーターのような駆動部品。ロボコンにもソレノイドが多く使われている。

出典:「第2回 ソレコン応募動画」タカハ機工株式会社


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。