ソレコン過去応募作品紹介『ハーバート硬さ試験機』

ソレコン過去応募作品紹介『ハーバート硬さ試験機』

ニッチな電磁石の電気部品「ソレノイド」を使った発明品を動画で投稿し、 アイデアと技術を競うコンテスト「ソレコン」。主催するのはソレノイドの製造・販売を手がけるタカハ機工で、高専生から現役のエンジニア、シニアの技術者まで幅広い層が参加しています。

第3回ソレコン(応募期間:2016年1月4日~2月12日)から、過去の応募動画を紹介していきます!

ハーバート硬さ試験機(松原研究室 さん)

《コメント》
銃刀法違反で取り締まれる刃物は鋼製のみです。銃刀法違反で取り締まれないチタンブレードなどの刃物の硬さ、つまりは危険性を科学的に明らかにできれば、チタンブレードの取り締まりが可能になります。

本発明ハーバート硬さ試験機は振り子式の硬さ試験機で、一般的な硬さ試験機では難しい刃物の先端の硬さを測定することができます。ソレノイドはそんな硬さ試験機の重要なパーツとして使用しています

「ソレノイド」とは?

「ソレノイド」は自動車をはじめ、自動販売機や銀行ATM、ドアの自動ロック等、身の回りにある多くの製品に使用されているモーターのような駆動部品。ロボコンにもソレノイドが多く使われている。

出典:「第3回 ソレコン応募動画」タカハ機工株式会社


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。