ものづくりニュース by aperza

ソレコン過去応募作品紹介『ソレベース』

ソレコン過去応募作品紹介『ソレベース』

ニッチな電磁石の電気部品「ソレノイド」を使った発明品を動画で投稿し、 アイデアと技術を競うコンテスト「ソレコン」。主催するのはソレノイドの製造・販売を手がけるタカハ機工で、高専生から現役のエンジニア、シニアの技術者まで幅広い層が参加しています。

第2回ソレコン(応募期間:2015年1月1日~2月14日)から、過去の応募動画を紹介していきます!

ソレベース(投稿者:広島商船高等専門学校電子制御工学科 さん)

《コメント》
野球盤は、誰もが一度は遊んだことがある馴染み深い遊びです。

その野球盤をソレノイドの力で遊べるようにしました。

ボールを投げる「ピッチャー」と打つ「バッター」をソレノイドに置き換えました。

 

また、ソレノイドを操作するためのスイッチを野球盤の対角に設置することで、二人で対面型のゲーム形式でプレイすることが可能です。

サイズは、縦50cm、横50cm、高さ8cmです。

「ソレノイド」とは?

「ソレノイド」は自動車をはじめ、自動販売機や銀行ATM、ドアの自動ロック等、身の回りにある多くの製品に使用されているモーターのような駆動部品。ロボコンにもソレノイドが多く使われている。

出典:「第2回 ソレコン応募動画」タカハ機工株式会社


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。