ソレコン過去応募作品紹介『くつ下ドロッパー』

ソレコン過去応募作品紹介『くつ下ドロッパー』

ニッチな電磁石の電気部品「ソレノイド」を使った発明品を動画で投稿し、 アイデアと技術を競うコンテスト「ソレコン」。主催するのはソレノイドの製造・販売を手がけるタカハ機工で、高専生から現役のエンジニア、シニアの技術者まで幅広い層が参加しています。

第3回ソレコン(応募期間:2016年1月4日~2月12日)から、過去の応募動画を紹介していきます!

くつ下ドロッパー(澤井圭 さん)

「小物干しハンガー」への「くつ下」の取り付け・取り込みにかかる生涯時間、およそ30時間(K計画による主観調査)。

愛しさも、切なさも、心強さも感じることが無いであろう時間。一度で良い、この呪縛から解き放たれたい。

そんな思いを込めて、「くつ下」を一瞬で取り込める「くつ下ドロッパー」を作りました。ソレノイドの味わいを大切にし、基本機能は計算機類を使用しないポリシーで構成しています。

「ソレノイド」とは?

「ソレノイド」は自動車をはじめ、自動販売機や銀行ATM、ドアの自動ロック等、身の回りにある多くの製品に使用されているモーターのような駆動部品。ロボコンにもソレノイドが多く使われている。

出典:「第3回 ソレコン応募動画」タカハ機工株式会社


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。