ものづくりニュース by aperza

シーメンスとBSH、家電業界向け次世代PLMの開発で提携

シーメンスとBSH、家電業界向け次世代PLMの開発で提携

シーメンスPLMソフトウェアと、ヨーロッパ最大の家電メーカー・BSH Hausgeraete GmbH(以下BSH)は、家電業界向けの次世代PLMの開発で提携する。

– さらなる密接な提携を通して、BSHと家電業界向けにPLMを強化
– Indusrie4.0とモノのインターネット(IoT)に関するビジョンを基軸として共有
– 課題を早期に特定して、両社の時間短縮とコスト削減を可能に

BSHのCIOのJoachim Reichel氏は、「デジタライゼーションへの移行を推進するに当たりさまざまな課題に直面しますが、これを解決するには、開発プロセスや製造プロセスにまったく新しいアプローチを適用する必要があります。そのためにはPLMプロセスを最適化することが不可欠です。長年にわたるPLMソフトウェアのパートナーであるシーメンスと共に開発を進めていくことで、こうした新しいプロセスを実現させていきます」としている。

両者のパートナーシップは、来る第4次産業革命のIndustrie 4.0とIIoTに関する両社それぞれの戦略を前進させるもの。BSHは「つながる家電」製品の提供を拡大して、同社の製品をスマートホームに統合することを目指す。BSHは、将来の
製品ライフサイクル・プロセスをもサポートするシーメンスのPLMソフトウェアの効果に期待を寄せる。またシーメンスも、家電業界に対する同社の戦略的アプローチの是非をBSHのような大手企業と同じ視点で検証できる効果を見込んでいる。

Joachim Reichel氏は、「当社のPLM 2.0プログラムでは、特に開発プロセスに対する戦略を策定するためのプロセスのフレームワークを数年かけて作成していきます。その多くのプロセスをシーメンスのソフトウェアを使用して導入していくことになります。この将来戦略の成否の大半は、こうしたすべてのプロセスが新しい要件に完全に適合するか否かにかかっています。こうしたさまざまな変更を速やかに実行するには、今回の戦略的な提携とそれによる共同開発が鍵を握っています。シーメンスと共に未来を形作っていけることを楽しみにしています」と述べている。

シーメンスPLMソフトウェアのドイツ・シニア・バイスプレジデント兼マネージング・ディレクターのUrban Augustは、「お客様と密接に協働することで、当社はお客様のプロセスや業界特有の要件を詳しく洞察することができます。これにより、将来に向けて柔軟なオープン・アーキテクチャーの産業用ソリューションを継続的に開発していくことができます。その結果、お客様はベスト・プラクティスに応じて採用できる革新的なテクノロジーを活用して、決定的な競争優位性を勝ち取ることができるようになります」と述べている。

BSH Hausgeraete GmbHは、売上高約126億ユーロ(2015年度)、社員数56,000人以上を擁する世界有数の家電メーカー。約40拠点に製造工場を有し、約50カ国に80社以上のカンパニーを展開している。

出典:シーメンスとBSH、業界に特化した次世代型PLMソフトウェアの開発で提携

参考:BSHホームページ


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ