ものづくりニュース by aperza

シーメンスとストラタシス、生産プロセスへの3Dプリンティング導入で提携

シーメンスとストラタシス、生産プロセスへの3Dプリンティング導入で提携

シーメンスとストラタシスは、大量生産プロセスへの積層造形技術の本格的な導入に向けて提携する。シーメンスが提唱する「デジタルファクトリー・ソリューション」とストラタシスの「アディティブ・マニュファクチャリング・ソリューション」の統合を目指す。
※アディティブ・マニュファクチャリング =積層造形

shutterstock_520907815

両社はアディティブ・マニュファクチャリングを従来の製造ワークフローに導入するという共通のビジョンを掲げており、
アディティブ・マニュファクチャリングを導入した製造方式は、航空宇宙、自動車、交通、エネルギー、産業用工具など、多様な産業分野にメリットをもたらす可能性を秘めている。今回の提携は、両社が共有するこのビジョンを実現するための基盤を築き、この製造方式を広く産業界に普及させていくことを目的とする。

シーメンスは先頃、デジタル・デザイン、シミュレーションおよびデータ管理を従来の製造方式やアディティブ・マニュファクチャリングに融合したエンド・ツー・エンド・ソリューションを発表した。今回のパートナーシップはそのソリューションの開発に関連するものとなる。

これまでのシーメンスとストラタシスの共同プロジェクト

両社はこれまで、数々のプロジェクトを共同で実施してきた。 
そのひとつが、シーメンスのCAD/CAM/CAE統合ソリューションであるNX(TM)ソフトウェアとストラタシスのGrabCAD Printプラットフォームを直接リンクさせて、設計から3Dプリントまでシームレスなワークフローを実現しようというプロジェクト。

また、ストラタシスの「ロボティック・コンポジット3Dデモンストレーター」にシーメンスのPLMソフトウェアとモーション・コントロール技術、そしてCNCオートメーション技術を実装するソリューションは、軽量かつ高強度・高性能な部品製造を可能にしている。

コメント

シーメンスPLMソフトウェア製造エンジニアリング・ソフトウェア担当
シニア・バイスプレジデント Zvi Feuer

「今回のパートナーシップ締結を非常に嬉しく思っています。これを契機に、より低コストでより効率的に製品を製造・提供できると確信する新しいコンセプトをお客様が導入しやすくなると、大いに期待しています。アディティブ・
マニュファクチャリングには、複雑形状の造形をはじめ、オンデマンド製造やマス・カスタマイゼーションの可能性など、さまざまなメリットがあります。シーメンスは、そのようなユニークなメリットを包括したアディティブ・マニュファクチャリングの普及に全力で取り組んでいます。
今回のパートナーシップは製品群の緊密な統合や総合的なアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションとのコラボレーションを実現するものであり、これらを通じて、今後も革新性で業界をリードする道を歩み続けていくことができるでしょう。」

シーメンスデジタルファクトリーUSのモーション・コントロール担当
バイスプレジデント Arun Jain

「デジタルエンタープライズビジョンに対するシーメンスの取り組みとその実現能力に、ストラタシスとの密接なコラボレーションが加われば、水平方向(機械間)と垂直方向(開発・設計と製造間)の両方向での統合が可能になり、数多くの産業分野において市場投入の短縮化、業務の柔軟性の向上、ワークフローの効率化を実現しやすくなるでしょう。」

ストラタシス
製品担当エグゼクティブ・バイスプレジデント Dan Yalon

「ストラタシスの3Dプリンティング・エコシステムは、アプリケーション、ハードウェアおよびソフトウェアのプラットフォーム、高性能なマテリアル、コンサルティング・サービスで構成されています。この包括的なエコシステムにより、製造業の皆様が3Dプリンティングを活用してビジネスモデルを転換できるようにサポートを行うという、独特の地位を確立しています。
シーメンスと正式にパートナーシップを締結したことを大変うれしく思っています。このパートナーシップは、アディティブ・マニュファクチャリングの産業界への普及を促進させるうえで、大きな役割を果たすと考えています。
両社は力を合わせて、最善かつ強固な技術基盤を構築し、大規模な製造業者が従来の製造環境でアディティブ・マニュファクチャリングのメリットを享受できるシステムを実現したいと考えています。まずは航空宇宙、自動車、工具の各産業分野がそのメリットの恩恵を受けることになるでしょう。 そして、それほど遠くない将来に必ず従来の製造方式に変化が訪れると確信しています」

次世代のアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションをformnext 2016に展示出品

ストラタシスとシーメンスは、フランクフルトで開催されたformnext 2016に、次世代のアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューション「ロボティック・コンポジット3Dデモンストレーター」を展示した。

その中核を担うのは、高度なFDM(熱溶解積層法)というアディティブ・マニュファクチャリングのテクノロジーであり、
複数の軸で複雑に動いてパーツを造形する技術です。複数のオペレーションに対応する拡張可能なアーキテクチャを採用しているため、切削、インライン検査および認証、仕上げなど、製造ソリューションを組み込める柔軟性が備わっている。
そして、ストラタシスの生産グレードマテリアルを使用して、重量および性能を最適化した形状を造形できる。こうした特長により、複合レイアップや一層ずつの積層といった従来の方法の制約や、通常の3Dプリンティングに求められるサポート材の要件にとらわれない、新しいハイブリッドな製造方法が可能になっている。

「ロボティック・コンポジット3Dデモンストレーター」の新しいワークフローのベースとなっているのは、シーメンス社の「NXソフトウェア」。
「NXソフトウェア」では、設計者はシステム上でパーツを設計し、製造可能性のシミュレーションや検証を行い、製造のための指示書一式を作成・送付できる。製造プロセス全体において、作業状況を適切に管理し、その情報を製造オペレーション管理システムに直接通信できます。その結果、CADから製品化までのワークフローをシームレス化し、製造の効率化、エンド・ツー・エンドのトレーサビリティ、高品質なパーツ製造が実現できる。

また「ロボティック・コンポジット3Dデモンストレーター」のモーション・コントロールを制御するのは、シーメンス社のCNCシステム「SINUMERIK 840D sl」。
オープン・アーキテクチャを採用している「SINUMERIK 840D sl」の制御機能は、シーメンスのNCのメリットと柔軟性の高いロボット運動学を融合させたものです。さらにこれをストラタシスの押出制御技術と融合することで、「NX CAM」からの製造指示を忠実に実行できるようになった結果、ロボット・アームによる自由度の高いFDMが可能になった。

出典:ストラタシス、ストラタシスとシーメンス社、 アディティブ・マニュファクチャリングの大量生産への導入を目指しパートナーシップを締結


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ