シゴトを知ろう – 特許審査官 編 【知財ニュース拾い読み】

シゴトを知ろう – 特許審査官 編 【知財ニュース拾い読み】

マイナビ – 2017/2/8 – https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/46663

pixta_24696540_S

記事では、特許庁で働く審査官の仕事内容についてのインタビューが紹介されています。

今回、インタビューを受けられているのは、特許庁で特許(発明)に関する審査を担当とする特許審査官です。

特許審査官は、担当する技術分野に関する豊富な知識が必要となりますので、記事にもある通り、全員が理系出身者です。

 

しかし、審査官の全員が理系出身というわけではありません。特許庁の審査対象には、特許の他にも、意匠、商標があります。

意匠審査官や商標審査官に関しては、理系出身者はどちらかというと少数派です。

例えば、意匠審査官の学生時代の専攻は、美術やデザインに限らず、建築学、教育学、文学、物理学など様々のようです。

 

また、商標審査官は法学部出身者の割合が高いですが、なかには、2015年4月から始まった音商標制度に対応するため、絶対音感を持っている商標審査官もいるそうです。

出典:『シゴトを知ろう – 特許審査官 編 【知財ニュース拾い読み】』(『発明plus〔旧:開発NEXT〕)


弁理士。コスモス特許事務所パートナー。1980年愛知県生まれ。愛知大学卒業、名古屋工業大学大学院修了。LECで弁理士受験の講師を務める。オモシロ特許研究会を主宰し、知的財産権の大切さを伝えるため全国で講演を行う。自身、商標権を活かしたアイデア商品を作るベンチャー企業、TimeFactory株式会社を設立、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。著書に『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)、『理系のための特許法』(中央経済社)等がある。 特許・商標・ものづくりを応援するフリーペーパー『開発NEXT』を発行、「開発NEXT Web」( http://kaihatsu-next.com/ )を運営している。