ものづくりニュース by aperza

ザイリンクス、5G向けに7nm「Zynq」を展開へ (庄司智昭,[EE...

ザイリンクス、5G向けに7nm「Zynq」を展開へ (庄司智昭,[EE Times Japan])

「All Programmble」

 Xilinxは2016年6月、4つのメガトレンドに対する取り組みを発表した。同社がメガトレンドに挙げるのは、「クラウドコンピューティング」「エンベデッドビジョン」「インダストリアルIoT(モノのインターネット)」「5Gワイヤレス」の4つである。

 Xilinxコーポレートストラテジー&マーケティング部シニアバイスプレジデントのSteve Glaser氏は、「メガトレンドに対するポートフォリオとして、“ALL Programmable”をテーマに、CPUコア搭載FPGA『Zynq』を展開してきた」と語る。

 また、開発環境「SDx」を提供。FPGAの設計知識が少ない開発者でも、Cベースのプログラミング言語を使用してハードウェアを生成することを可能にした。

 Steve氏は、ALL Programmableデバイスの優位点として、CPUと比較して単位ワット当たりの性能が10〜35倍であることや、スケーラブルなセンサーフュージョン、シングルチップによる安全性などを挙げる。クラウドコンピューティング分野では、3D技術を用いた高速DRAM「HBM」と、テロジニアスコンピューティング向け接続技術「CCIX」*)を統合した16nm「Zynq UltraScale+」のロードマップを拡充する。

*)CCIC(Cache Coherent Interconnect for Accelerators):Xilinxを含めた7社で、オープンなアクセラレーションフレームワークの導入に向けて、仕様策定を進める接続技術。同社のリリースによると、CCIXによってFPGAなどのアクセラレータとプロセッサがコヒーレントにデータ共有することが可能になるという。

ADAS向け出荷数が拡大

 エンベデッドビジョン分野では、自動車向けにZynqシリーズの普及拡大が進んでいるとする。Zynqシリーズは、エッジでのリアルタイム画像認識、分析を可能にするARMベースのプロセッサと、スケーラブルなセンサーフュージョンが可能になるFPGAを内蔵。Steve氏は「1チップに統合していることにより、高い安全性も実現しているため、最高のエンベデッドビジョン向けプラットフォームを提供できる」と語る。

 ADAS(Advanced Driver Assistance System)向けには、2013年に9メーカー/13モデルの自動車へ出荷だったのに対して、2015年には19メーカー/64モデルへと拡大した。2016年は、23メーカー/85モデルまで出荷数が拡大すると予測している。

 インダストリアルIoT分野にも、スケーラブルなセンサーフュージョンやシングルチップによる安全性、高いコネクティビティなどを強みにビジネス拡大を狙えるとした。

プレ5Gの導入計画に90%以上採用

 同社は2016年6月現在、ワイヤレス分野で10億米ドル以上出荷しており、5Gで求められる顧客の要求にも対応していくとする。5Gでは、4Gと比較して「高速伝送」「大容量化」「低遅延」「消費電力の低減」などが求められてくる。

 5G要件に対応するため、7nm製品を2016年度中に発表する予定。「あらゆる帯域で、高い性能を実現する」(Steve氏)とし、製品化までの時間がASICよりも1〜2年短く、5倍の帯域幅/3倍の周波数帯を従来の2分の1の消費電力で実現するという。また、プレ5Gの導入計画がある企業の90%以上が既に、何らかの形で同社の製品を採用している。

 Steve氏は、プレ5Gの導入計画に同社の製品が90%以上採用されている要因として、「従来の技術でサポートできない複雑性に対して、当社の製品は対応できる。また、20nm、16nm製品を、競合に先駆けて実装してきたことが非常に大きい」と語った。


エレクトロニクス技術を駆使した製品を設計・開発するエンジニアやマネージャー層を対象に、半導体・電子部品、ディスプレイ、ネットワーク、ソフトウエア、エネルギー、設計・解析ツールなどに関する技術情報や、業界の最新動向を提供するサイトです。特集記事に加え、各種技術解説やトップへのインタビュー、海外発のニュースなど、エレクトロニクス分野における最新かつ専門性の高い情報を発信します。 http://eetimes.jp/