ものづくりニュース by aperza

改善動画 コンベアライン上で容器が空回るトラブルとその解決法

改善動画 コンベアライン上で容器が空回るトラブルとその解決法

正常稼働時は、自動で大量に製品を運んでくれるコンベアですが、いったんトラブルが起きたらラインが停止し、全体に大きな影響を及ぼします。そこで今回は、コンベア上でよく起こるトラブルのひとつである「ワークの空回り」とそれを解決する改善策をご紹介します。

■容器に入った食品?が流れていくコンベアライン。一見すると、何も起きていないように見えるコンベアを使った普通の搬送工程ですが。。。

スクリーンショット 2016-08-07 21.20.53

■一番手前の容器が、コンベアの切り替わりポイントで空転。後ろがどんどん詰まってしまっています

スクリーンショット 2016-08-07 21.21.15

■あらゆる改善策を試すがうまく行かない・・・
・ライン同士の感覚を狭くする
・トレーの上部を押さえるスポンジで空転を防ぐ
・右側のラインに切り込みを入れる(コンベアに凹凸を作ることか?)

スクリーンショット 2016-08-07 21.24.40

■空回りの原因を解明 容器の底の凸凹が原因。容器の設計を変更して解決

スクリーンショット 2016-08-07 21.28.35

ということで、
コンベア上で起こったトラブルだからと言って、搬送装置だけ見ていても最良の改善策は得られません。この動画のように、容器の形状自体を変えるなど、ワークの改善で解決につながった例は多々あります。改善に向けたあらゆる可能性を否定しない。視野を広く持つということが大事だということを教えてくれます。

出展:ライントラブル改善動画 株式会社 丸善


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ