クラウドソーシング大手2社、ガイドラインを更新 「第三者の知的財産権を...

クラウドソーシング大手2社、ガイドラインを更新 「第三者の知的財産権を侵害する依頼は禁止」と明文化 – ねとらぼ 【知財ニュース拾い読み】

クラウドソーシング大手2社、ガイドラインを更新 「第三者の知的財産権を侵害する依頼は禁止」と明文化

『ねとらぼ』(2016/12/9)
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1612/09/news087.html

 

DeNAの医療情報サイトWELQをはじめとする、著作権法上の問題を抱えた多数のキュレーションサイトが非公開となった事例については、先週、この当サイトでも紹介しました。

記事では、今回問題となったキュレーションサイトの記事の多くがクラウドソーシングを利用して作成されたものであることを重く受け止めたクラウドソーシング大手2社クラウドワークスとランサーズが、第三者の知的財産権を侵害する仕事の依頼を禁止するようガイドラインを改定したと伝えています。

 

クラウドソーシングは、あるテーマに沿った記事の作成やウェブサイトの製作やロゴのデザインなどの多種多様な仕事を、登録している専門のワーカー(例えばフリーランス)に依頼できるサービスです。

当サイト『開発NEXT』のロゴも、クラウドソーシングを利用して作成していただきました。

一時的に発生する専門外の仕事やマンパワーが必要な仕事を依頼できる大変便利なサービスですので、公正な運営で今後も継続・発展されることが望まれます。

出典:『クラウドソーシング大手2社、ガイドラインを更新 「第三者の知的財産権を侵害する依頼は禁止」と明文化 – ねとらぼ 【知財ニュース拾い読み】』開発NEXT


弁理士。コスモス特許事務所パートナー。1980年愛知県生まれ。愛知大学卒業、名古屋工業大学大学院修了。LECで弁理士受験の講師を務める。オモシロ特許研究会を主宰し、知的財産権の大切さを伝えるため全国で講演を行う。自身、商標権を活かしたアイデア商品を作るベンチャー企業、TimeFactory株式会社を設立、資格試験の受験生向けの商品などを手掛ける。著書に『社長、その商品名、危なすぎます!』(日本経済新聞出版社)、『理系のための特許法』(中央経済社)等がある。 特許・商標・ものづくりを応援するフリーペーパー『開発NEXT』を発行、「開発NEXT Web」( http://kaihatsu-next.com/ )を運営している。