ガートナー、ワークプレースに関する実態調査結果を発表。日本は他国に比べ...

ガートナー、ワークプレースに関する実態調査結果を発表。日本は他国に比べ遅れ

ガートナー ジャパンは、主要先進国7カ国で実施したデジタル・ワークプレースに関する調査結果を発表。

日本の従業員は他の先進国と比べてITスキルが低く、IT装備が古いという結果が出るなど、働き方改革を実現していくうえで、さまざまな問題があることが明らかになったとした。

業務用途のデジタル・テクノロジのスキルに関する自己評価、自身のスキルレベルをどう捉えているかに関する比較では、日本は自分を「素人」ないし「中程度」のレベルと考える従業員が6割近くを占め、調査した7カ国中、最も自己評価が低い結果となった。「熟練」や「エキスパート」の合計値が最も高かったのは、米国の77%(熟練61%、エキスパート16%)だった。

画像_ガートナー自己評価

日常的に業務で利用しているPC、スマートフォンを含む携帯電話、業務用アプリケーションなどについて、どれくらい新しいものを使っているかは、日本は「かなり古い」と「2〜3世代遅れ」を合わせた回答率(36%)が他国と比べて最も高い結果に。最新装備を利用している割合が高い国はフランス(43%)、次いでシンガポール(38%)だった。

また、デジタルスキルを獲得する手段と機会に関しては「関心なし」とし、ITスキルの向上に初めから消極的な従業員の割合が16%と、7カ国の中で日本が最も高かった。

こうした従業員は、ITによる改革をいくら進めても、過去の自らの成功体験に対する執着が強いリーダー的存在、あるいは自己の流儀を変えようとしない人々である可能性が高く、それだけに解決が困難な問題だとしている。

 

出典:「ガートナー、主要先進国のワークプレースに関する実態調査結果を発表、 日本の働き方改革に立ちはだかる課題が浮き彫りに」


オートメーション新聞社の編集部が書き下ろす展示会のまとめ記事などのオリジナル記事を配信します。 オートメーション新聞Webはこちらから http://www.automation-news.jp/