ものづくりニュース by aperza

オプテックス・エフエー『第三回 現場川柳』の大賞が決定!

オプテックス・エフエー『第三回 現場川柳』の大賞が決定!

産業用センサメーカーのオプテックス・エフエー株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:小國勇)は、2016年10月3日から12月11日にかけて募集した『第三回 現場川柳』の受賞作品を決定した。

 「現場川柳」とは、オプテックス・エフエーが定めた「センサ(10月3日)の日」を記念し、ものづくりに関わる製造・開発設計・物流・営業などの“現場”にまつわる川柳を募集する企画。

 第三回の応募作品は「IoT」や「AI」など、デジタル化による革新が進むものづくりのトレンドを詠った作品が多く、なかでも、変化に乗り遅れた現場の様子を2016年の流行語で明るく揶揄した作品が大賞を受賞した。

 

 第二回の2倍以上となる総数7,187作品の中から、特別選考委員で元エンジニア漫画家の見ル野 栄司(みるの えいじ)氏と社内選考委員により厳正なる選考を行った。大賞の他に、今回より新設の見ル野賞(1作品)、優秀賞(3作品)、入賞(10作品)を選出。

※受賞作品は随時ものづくりニュースでご紹介していきます。

今年も10月3日より『第四回 現場川柳』作品募集を実施予定となっている。

出典:オプテックス・エフエー、『第三回 現場川柳』の大賞が決定!
『第三回 現場川柳』選考結果発表ページ


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイトで編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ