ものづくりニュース by aperza

ウェアラブルデバイスの設計者が直面する主な課題

ウェアラブルデバイスの設計者が直面する主な課題

新たに出現し急成長しているどの市場についても言えますが、消費者はより良い性能、小型サイズ、低コストの製品を提供するよう、メーカや設計者に絶えず圧力をかけています。

ウェアラブル市場での成功のための重要な基準には、デバイスの接続性、機能性、サイズ、そして最重要であるバッテリ充電間隔などがあります。

もちろん、メーカは新しい機能を消費者に公開する最初の企業になることを望んでおり、早期導入企業は技術を最初に欲しがります。

 

製品の市場投入に要する時間は、この市場に参入しようとする企業、またはこの市場で確固たる地歩を築いている企業にとって重要な課題です。

ウェアラブルデバイスのサプライヤが直面しているその他の主な非技術的課題が「粘着性」です。

初期のウェアラブルデバイスでは、一度鮮度が落ちると、勢いが衰えて再び復活することはなかったのです。

 

「粘着性」は、ユーザの目には魅力が乏しかったことを示す確かな指標です。

必要な「粘着性」を作り出すために、メーカやマーケッタは、文字どおり人気が落ちないデバイスを開発するために、絶えず他社とは違う思考を巡らす必要があります。

驚くべきことに、これらの重要な基準の一部は、私たちを反対方向に導き始めます。

 

機能性が高いほど、メモリ要件が大きく多数のセンサ(動作するのにより広い面積と高い電力が必要)と、多くのボタンと広い領域を必要とする直感的なユーザ・インタフェースを備えた、より高度なソフトウェアの方向に導きます。

課題は多くの技術分野で似通ったものですが、ウェアラブル市場ほど明確に的を絞った市場はありません。

ウェアラブル市場におけるイノベーション曲線は、スマートフォンの進化に追従します。

 

すでに長い道のりを経てきましたが、ウェアラブルデバイスが私たちの日常生活の一部として完全に融合するところに到達するまで、デバイスの小型化、スマート化、省電力化が進むのに伴い、今後も同様の軌跡をたどるでしょう。

これは、最新技術を駆使するための革新的方法を開発するオン・セミコンダクターなどの部品メーカやウェアラブルデバイスメーカの双方における、絶え間ない革新と改良によって推進されます。

「粘着性」を備えた、将来の魅力的な製品を開発するために、設計者は思考を変え、マーケッタは消費者が変化を受け入れるよう説得しています。

 

オン・セミコンダクターからの最新の高集積超低消費電力ソリューションが「粘着性」の高いウェアラブルデバイスの開発にどのように役立つかを確認するために、ここをクリックしてください。

 

出典:『ウェアラブルデバイスの設計者が直面する主な課題』オン・セミコンダクター


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。