ウィングロボティクス、次世代協働ロボットの「サブスク」を今夏に開始 初...

ウィングロボティクス、次世代協働ロボットの「サブスク」を今夏に開始 初期費用・専属管理者不要

ウィングロボティクス株式会社は、2021年夏、高性能な協働ロボットを製造現場に簡単に導入できる『ロボットサブスクリプションサービス』を開始する。導入に多大なコストがかかる協働ロボットを、1台から月額制で、初期費用なしで導入可能。中小企業の製造現場をサポートする。

ウィングロボティクス、次世代協働ロボットの「サブスク」を開始へ

サービス展開の背景

現在、DX(デジタルトランスフォーメーション)化が強⼒に推し進められている。どの製造現場でも⼤きなテーマになっているのが、ロボットの導⼊による省⼒化、効率化だが、費用がネックなっている。特に中⼩企業にとって⾼額なロボットの購⼊は現実的ではなく、また、導⼊が実現してもプログラミングのために多⼤な労⼒が必要になり、その後もトラブル対応のために専属の管理者を置かなければならなくなるなど、何重にも負担がかかっていた。

サービス導入のメリット

ウィングロボティクスの『ロボットサブスクリプションサービス』は、⾼性能な協働ロボットを⽉額制で、⼤きな初期費⽤なしですぐに導⼊することが可能になる。導⼊時に必要なパーツの設定やプログラミングは同社の技術者が⾏う。また、導⼊後のトラブルについても同社の担当者が対応するため、専属の管理者を置く必要がない。

ウィングロボティクス、次世代協働ロボットの「サブスク」を開始へ

「多品種少量生産を実現するロボット技術

ウィングロボティクスが提供を予定しているロボットの第⼀弾、次世代アーム型の協働ロボットの『ウィングボットピッカー』には、周りを⾒る「⽬」と、ロボットの動作を⾃動的に⽣成できる「AI」が備えられている。大阪大学基礎工学研究科、原田研介教授と万偉偉准教授の「マニピュレーション技術」により、「ワークを設置する」「加⼯後、それをつかみ取る」「つかんだワークを所定のケースに置く」といった⼀連の作業を、⼈間の補助なしで⾃動的に計画することができる。「せまい場所」「⼊り組んだ場所」などにおいても、周囲の状況を学習しながら、ぶつかることなく作業をすることが可能。

また、複雑な動作を数多く覚えることができるため、パーツやプログラムを差し替えることで、ひとつのロボットを⼯場内で⾃由に移動させながら、違った作業を⾏わせることも可能。いまどこの製造現場でも求められている「多品種少量⽣産」の効率化を実現する。

さらに、ロボットの動作はデータとして残すことができる。正確に再現させることが可能な点は、技術継承を大いに助け、世代交代を後押しする。


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。