ものづくりニュース by aperza

インダストリー4.0対応の切削工具の3次元CADデータを提供開始 ([...

2016/11/1 IT media

インダストリー4.0対応の切削工具の3次元CADデータを提供開始 ([MONOist])

 三菱マテリアルは2016年6月16日、国内外のユーザーへ効率的に技術情報を提示するため、インダストリー4.0に対応した切削工具の3次元CADデータの提供を開始した。

 ドイツ政府が推進するインダストリー4.0では、製造現場の最適化に向け、IoT(モノのインターネット)などの情報技術を活用し、あらゆる領域でネットワーク化が必要となっている。そのため、共有データの標準化が重要とされ、切削工具のデータについても、インダストリー4.0に対応した国際規格「ISO13399」および「GTC(Generic Tool Catalog)」に準拠したデータの提供が求められている。

 今回同社では、カタログに掲載する標準品の切削工具を対象に、これらの規格に準拠した3次元CADデータを公開する。データは、切削加工のソリューションを提供するスイスのMachiningCloudのウェブサイトを通じて入手できる。ユーザーは、マシニングセンターやCNC旋盤で切削加工をする前に、ダウンロードした3次元CADデータで切削シミュレーションを行い、高精度な動作確認や加工プログラムの作成が可能になるという。

 また、MachiningCloudは、ISO13399やGTCで定義された組み合わせ情報を使って、自動的に必要部材を組み合わせる機能を備えている。これによりユーザーは、シミュレーションに必要な切削工具の3次元CADデータの各パーツを簡単に組み合わせることができる。さらに、同ウェブサイトでは、PCやタブレット端末で切削工具製品名を選択すると、何万種類もの切削工具のCADデータを無償で入手できる。



WSX正面フライス インサート取り付け後




WSX正面フライス インサート取り付け前


製造業に従事するエンジニアを対象に、モノづくりの現場で働くスペシャリストの役に立つ技術情報や業界の最新動向を提供するメディアです。「組み込み開発」「メカ設計」「製造マネジメント」「オートモーティブ」の4つのフォーラムを中心に、基礎から応用まで多彩な技術解説記事、図版を多用した分かりやすいコンテンツ、話題のトピックスをより深く掘り下げた連載記事など、モノづくりに役立つ蓄積型コンテンツを充実させ、製造業における最新かつ専門性の高い技術情報を発信することで、技術者の問題解決をサポートしていきます。本サイトの名称は、“モノづくり(MONO)” と “~する人(ist)”の造語です。 http://monoist.atmarkit.co.jp/