インクジェット用語集(あ行)

インクジェット用語集(あ行)

インクジェットに関する用語をまとめた用語集です。

 

圧電素子共振 
英文表記:piezo vibrator resonance
圧電素子共振 とは、圧電素子が有する機械共振のことで、圧電素子の形状、ダイヤフラムやインク室との結合状態で決まる。

 

イナータンス 
英文表記:inertance
イナータンスとは、音響回路において、媒体の質量に起因する回路要素で、等価電気回路ではインダクタンスとなる。インクジェットの音響回路モデルでは流路のイナータンスはインク密度と流路長に比例し流路断面積に反比例する。

 

インクカートリッジ
英文表記:ink cartridge
インクカートリッジとは、インクを収納する容器のことで、プリンタのキャリッジ上でプリントヘッドと直接つながっているタイプと、チューブなどのインク供給管を通してプリントヘッドにインクを供給するタイプがある。
 

インクジェット捺染(なっせん) 
英文表記:inkjet textile printing
インクジェット捺染とは、インクジェット方式を利用した捺染(手書き、型紙、印刷などの方法で、布に模様を染色すること)を指す。デジタル化に対応し、多品種少量生産、納期短縮などのメリットがある。またインクの利用効率が高いため、後処理での水洗の水使用量が大幅に削減できるなど、環境負荷が低い。

 

インクジェットはがき
英文表記:inkjet post card
インクジェットはがきとは、インクジェットプリンタでプリントすることを前提としたはがきで、郵政はがきと私製はがきがある。郵政はがきには、通信面にインク受容層がコーティングされているマットコートタイプがある。また年賀はがきには、写真用年賀はがきとして光沢紙もある。私製はがきは、郵政はがきと異なり、通信面と宛名面の両面にインク受容層がコーティングされているものもある。

 

インクジェット普通紙
英文表記:inkjet plain paper
インクジェット普通紙とは、インクジェット記録適正を有する普通紙で、インクの定着性、滲みの制御、耐水性向上などの性能が考慮され設計されている。ノンコートタイプと極微量の表面コーティングが施されているタイプのものがある。

 

インクジェットヘッド
英文表記:inkjet head
インクジェットヘッドとは、インク滴を噴射させるインクジェットの核機能を担う部分をいう。噴射のためのインク流れを発生させるアクチュエータを内蔵するノズル部・インク室と、ノズル部にインクを供給する流路系が一体化された部品であり、アクチュエータを駆動する電気回路が組み込まれている場合もある。アクチュエータの方式によりバブルジェットやピエゾインクジェット等のヘッド方式に分類される。連続噴射型も網羅する説明が必要。
 

インクジェット方式
英文表記:inkjet printing system
インクジェット方式とは、記録液を細いオリフィスから微小な液滴として吐出させ、これを画像信号で制御しながら記録紙上に付着させて記録する方式をいう。情報のある場合のみ液滴を発生させるオンデマンド方式と、連続的に液滴を発生させ、情報に応じて吐出方向を変化させて記録するコンティニュアス方式とに大別される。

 

インクジェット用OHPフィルム
英文表記:inkjet transparency film
インクジェット用OHPフィルムとは、PETなどの透明基材に透明若しくは透明に近いインク受容層を設けたフィルム。かつてはOHP用途が主であったが、最近はラッピング、サインディスプレイ用途やオフセット印刷のPS版用フィルム、シルクスクリーンの製版フィルム、印章、フレキソ印刷のマスクフィルム用途での利用が増えている。

 

インクジェット用光沢紙
英文表記:inkjet glossy paper
インクジェット用光沢紙とは、インクジェット記録適性を持った光沢のある紙のことで、ポリマーを主成分としたインク膨潤型(膨潤型受容層)と無機顔料を主成分とした隙間吸収型(マイクロポーラス型受容層)とに大別される。前者は比較的安価ではあるが、乾燥が遅い、耐水性に乏しいといった欠点が見られるのに対し、後者は最表面がサブミクロン程度の細孔からなっており、瞬時にインク吸収しつつ光沢を保持できるため、写真調の質感を与える。白PETフィルム上に上記インク受容層を設けたものを光沢フィルム(glossy film)と呼ぶ。

 

インクジェット用紙
英文表記:inkjet paper
インクジェット用紙とは、インクジェット記録適性を有する紙であり、インクの吸水性、定着性、滲みの制御、耐水性向上の性能が考慮され設計されている。基材となる紙がインク吸収性のものとポリエチレンをラミネートしたインク非吸収性のものにインク受容層がコーティングされているものがある。特に、ラミネート紙は高光沢紙として使われる。

 

インクジェット用マットコート紙
英文表記:inkjet matt coated paper
インクジェット用マットコート紙とは、インクジェット記録適性を持った無光沢(マット)コート紙のこと。シリカなどの無機顔料を主成分としたインク受容層を有し、インク吸収の速度と染料の発色性に優れる。インクは顔料粒子が作る隙間から毛管力で吸収される。

 

インク室
英文表記:ink chamber
インク室とは、プリントヘッド内でインクが充填されている部分のこと。吐出口につながる個別のノズル部のみを指す場合もある。また、各ノズルが接続する共通のインク室を、特に「共通インク室」、または「共通液室」と呼ぶ。

 

インク充填
英文表記:ink filling
インク充填とは、プリンタの使い始めやヘッドを交換した際に実施される、インクカートリッジからノズルに至る流路をインクで満たす動作のこと。

 

インク受容層
英文表記:ink absorbing layer
インク受容層とは、インクジェット記録用媒体において、インクを吸収し、染料、顔料などの色材を定着させるために基材上に形成されるコーティング層を指す。

 

インクタンク
英文表記:ink cartridge
インクタンクとは、インクを収納する容器のことで、プリンタのキャリッジ上でプリントヘッドと直接つながっているタイプと、チューブなどのインク供給管を通してプリントヘッドにインクを供給するタイプがある。

 

インク定着時間
英文表記:ink drying time
インク定着時間とは、インクが記録紙上で吸収され、見かけ上乾燥するまでに要する時間を指す。

 

インク吐出周波数
英文表記:ink ejecting frequency
インク吐出周波数とは、インク滴が実際に吐出する周波数を指す。マルチパス印字などの場合、データにマスクをかけるため、各ノズルの吐出周波数は必ずしも駆動周波数とは一致しない。

 

インク溶媒
英文表記:ink solvent
インク溶媒とは、染料、顔料などの色材を溶解または分散し、またインクジェット印刷分野では安定した液滴を形成するための液媒体。例えば水性インクジェットインクの場合、主溶剤である水とヘッドの乾燥防止のための保湿剤(グリセリン、グリコール類など)、記録媒体へのインクの浸透性を制御するための浸透剤(アルコール類など)といった水溶性有機溶剤とからなる。

 

インクリフィル
英文表記:ink refilling
インクリフィルとは、インク液滴が吐出後、新しいインクがインク室からオリフィス部分に供給されることを指す。また、インクが消費されたインクカートリッジにシリンジ等でインクを注入することも指す。

 

液滴
英文表記:ink droplet
液滴とは、粒子化したインクを指し、その体積・飛翔速度はノズル構造および駆動条件などによって決定される。高画質化のため、小液滴化や飛翔の高精度化が必要である。

 

エマルジョンインク〔インクジェット〕
英文表記:emulsion ink
エマルジョンインク〔インクジェット〕とは、エマルションを含有するインクをいう。エマルションとは、一般にある液体の小滴がそれとは相溶しない液体中に分散した状態をいう。 着色エマルション、無色のエマルションと色材との組合せ等により有色インクを得る。

 

応答周波数〔インクジェット〕
英文表記:maximum ink ejecting frequency
応答周波数〔インクジェット〕とは、インクジェットにおいて、インクがノズルから正常に吐出を繰り返すことのできる最高周波数をいう。ノズル、インク室の構造、およびインクの物性によって決定される。

 

大判インクジェットプリンタ
英文表記:wideformat inkjet printer Largeformat
大判インクジェットプリンタとは、インクジェットにおいて、インクがノズルから正常に吐出を繰り返すことのできる最高周波数をいう。ノズル、インク室の構造、およびインクの物性によって決定される。
サイン、ディスプレイ市場向けのインクジェットプリンタ、およびCAD向けのインクジェットプロッタなどの総称で、A1判程度より大きなサイズのプリントが可能なものを指す。

 

オリフィス
英文表記:orifice
オリフィスとは、小孔のこと。インクジェットヘッドでは音響インピーダンスを大きくしてインク流れを制御する目的で、インク室に接続する流路に配置される。また、インクジェットヘッドのインクの噴射口として、インクを高速に噴射する目的で用いられる。オリフィスがインクの噴射口である場合は、単にノズルと呼ばれる場合がある。形状、寸法に高い精度が要求される。

 

オリフィスプレート
英文表記:orifice plate
オリフィスプレートとは、プリントヘッドのオリフィス(小孔)を形成するベースプレート(基板)を指す。インクが噴射するオリフィスの場合は、ノズルプレートとも呼ばれる。

 

音響インピーダンス
英文表記:acoustic impedance
音響インピーダンスとは、音場において波面に平行な有限な面を考え、その面における音圧をその面を通過する体積速度で割った複素数比。音響学において電気回路のインピーダンスとの相似性を利用した解析に用いられる。ピエゾ方式のインクジェットヘッドの運動は、圧電素子/振動板/インクが連成した運動系に関して圧力と体積速度を変数とした音響回路モデルを構築して解析される。

 

オンデマンド型インクジェット
英文表記:drop on demand inkjet system
オンデマンド型インクジェットとは、画像形成に必要なインクのみを画像情報に応じて吐出させ、記録媒体上に記録を行うインクジェット記録方式をいう。

 

提供:一般社団法人 日本画像学会


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。