ものづくりニュース by aperza

インクジェットプリンター「連続式」とは

インクジェットプリンター「連続式」とは

連続式のインクジェットプリンターとは、産業用に用いられる印字(印刷)機器のことを指します。

ガラスやプラスチック、金属など吸収性のない材質は、印字後速やかにインクを乾燥、定着させるため速乾性のあるインクを用いる必要があります。

速乾性のインクは揮発性があり常温にさらされると揮発し固化してしまうため、連続的にインクを常に循環させ運用します。

 

加圧されたインクはノズルから粒状のドロップになり循環します。

印字に必要なインク粒は電極により電圧が加えられ、偏光板を通過する際に軌道を変化させて飛ばします。電圧が加えられず、印字に使用しなかったインク粒はガターという回収口に受け回収します。

回収したインクはそのままインクタンクに戻り再利用され、印字(印刷)が行われていないときも、常にインクは連続的に噴射し循環しています。

提供:株式会社ユニオンコーポレーション


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。