ものづくりニュース by aperza

インクジェットプリンター「産業用(工業用)とOA用の違い」とは

インクジェットプリンター「産業用(工業用)とOA用の違い」とは

インクジェットプリンターについて産業用(工業用)とOA用の違いは、大きく「印字対象物」と「印字方法」の2つです。

印字対象物について

印字対象物については、OA用はOA用紙を対象としますが産業用(工業用)は紙以外にも金属や樹脂・硝子・木材などさまざまな材質の製品を対象としており、対象物の材質への制限はほとんどありません。

印字方法について

印字方法については、インクを飛ばして対象物に印字するのは両者とも同じですが、産業用(工業用)では対象物との距離をある程度とって印字できる点が異なります。これにより産業用(工業用)では、凹凸のある製品や製造ライン(コンベア)上を移動していく製品への印字が可能です。

インクについて

また使用されているインクは、OA用は水性のものが多いですが、産業用(工業用)では溶剤製で固着力の高いタイプのものが採用されており、塗布された瞬間から1秒程度で乾く速乾性の高いインクであるところも異なる点です。

提供:株式会社ユニオンコーポレーション


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。